Search
フリーワードで探す
Category
カテゴリー
Weekly Ranking
ランキング

ヘパリン類似物質はヒルドイド・ビーソフテンとどう違う?

93_5

近年インターネットでも話題の「ヒルドイド」。実は重要なのは含まれている「ヘパリン類似物質」だったんです!「ヘパリン類似物質」は弱まってしまったお肌の保湿力やバリア機能を取り戻し、新陳代謝を促す成分として注目を集めています。今回は品川グループ内でも愛用者の多いこのヘパリン類似物質配合アイテムについてご紹介します。

ヘパリン類似物質とは?

ヘパリン類似物質とは乾燥肌治療成分として、50年以上使われてきた成分です。
「保湿」「血行促進」「抗炎症作用」の3つの働きがあり、乾燥肌に優れた効果があります。肌の内側から新陳代謝をうながすため、一時的な保湿とは違い、乾燥肌の根本的な解決に繋がる成分です。保湿・保水血行促進抗炎症があり、乾燥肌による肌荒れを改善・予防することができます。

ヘパリン類似物質・ヒルドイド・ビーソフテン…効果や違いはあるの?

93_3

同じような成分なのに、商品名が違う…どれを買えばいいかわからない…そんな風に思ったことはありませんか?
例えばヘパリン類似物質が配合されたクリームを例に挙げると、一番最初に発売されたのがマルホ株式会社の「ヒルドイドクリーム0.3%」です。1954年10月と、かなり歴史のある医薬品です。
その後1994年7月に日医工株式会社の「ビーソフテンクリーム0.3%」、2014年11月にはニプロ株式会社が「ヘパリン類似物質油性クリーム0.3%」として、ヘパリン類似物質を配合したクリームを発売しています。
ビーソフテンクリーム0.3%」や「ヘパリン類似物質油性クリーム0.3%」はいわゆる後発医薬品、ジェネリック医薬品と呼ばれるものです。
「ジェネリック医薬品(後発医薬品)」とは、「新薬(先発医薬品)」の特許が切れたあとに販売される、新薬と同じ有効成分、同じ効き目の比較的価格の安いお薬です。
「ジェネリック」とは「一般的な」という意味で、「ジェネリック医薬品」とは一般的に広く使用され、効能や安全性が確立された医薬品の事を意味します。
ですから、これらのクリームはいずれも主成分は同じで、保湿剤としての効果も同等だと言えます(ただし、添加物や配合成分の違いから、塗り心地や肌への刺激などは異なる場合があります)から、入手しやすいものや、主成分以外の配合成分を比較して選ぶのが良いでしょう。

品川グループのクリニックで買える!ヘパリン類似物質アイテムは?

93_3

ヘパリン類似物質油性クリーム・ローションは、医師の診察・処方が必要です。品川グループのクリニックでは、ニプロ社の医薬品を取り扱っています。

ヘパリン類似物質ローション

¥600+税
保湿作用・血行促進作用・抗炎症作用でお肌の乾燥性病状を軽くします。

ヘパリン類似物質油性クリーム0.3%

¥600+税
お肌の乾燥が気になる、乾燥する季節はいつも肌が荒れるという方にオススメです。

ヘパリン類似物質の使い方と注意点

93_5

ヘパリン類似物質そのものは、人体にもともと存在するものに非常に近い性質の成分ですので、安全性が高いと言われています。しかし、ヘパリン類似物質配合の保湿剤に含まれるそのほかの成分が肌に刺激を与えることがありますので、その点は注意が必要です。
肌が敏感な方は、まずは目立たないところに少量塗るなどパッチテストをしてから使用するとよいでしょう。そのほか、肌の疾患や傷がある部分には使用を避けた方がよいでしょう。
そのほか、使用に関してはクリニックで医師の診察及び処方を受け、用法用量を守ってご使用くださいね。

▼処方のご相談はこちら▼
※備考欄に「ヘパリン処方希望」とお書きいただくとスムーズです。
67_3

投稿記事一覧

もっと読む
  • 2017年医療機関アワードで美容外科部門最優秀賞を受賞しました
  • 安心保証制度
    施術前の不安を解消します!品川美容外科の安心保障制度一覧