Shinagawa Beauty Navi シナガワビューティーナビ

c3.jpg

毎日きちんとお手入れしているつもりなのに、毛穴の汚れがとれない、黒ずんで目立っている、こんなことはありませんか?もしかすると、これらの悩みは間違ったお手入れのせいかもしれません。今回は、毛穴のケア方法についてご紹介します。

代表的な毛穴のトラブルは「つまり」「黒ずみ」「開き」

img2_311029100

毛穴ケアについてご説明する前に、まずは、代表的な毛穴にまつわる悩み、「毛穴のつまり」や「黒ずみ」、「開き」がどうして起こるのかを考えていきましょう。

 

毛穴のつまり(角栓)

毛穴のつまりの正体は、皮脂と古い角質が混ざった「角栓」です。
皮脂は、肌表面の水分と混ざって皮脂膜を作り、乾燥や外部の刺激から肌を守る重要な役割を担っているため、肌にとって必要なものです。また、角質も古くなって不要になると、垢として自然にはがれ落ちるため、通常毛穴のトラブルを引き起こすものではありません。
ところが、乾燥やホルモンバランスの乱れなどの影響で、皮脂が過剰に分泌されたり、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が滞って古い角質がはがれずに肌の表面に残ってしまうことがあります。その結果、これらが混ざって「角栓」となるのです。

毛穴の黒ずみ

毛穴につまった角栓が酸化すると、黒っぽくなり、ポツポツと目立ちます。また、ニキビなど、炎症をくりかえすと、肌を守るために生成されたメラニンが色素沈着をおこし、毛穴が灰色っぽく見えることがあります。

毛穴の開き

皮脂が過剰に分泌されて毛穴の内部に残る、また角栓となるなど、肌表面に出ていくことができない状態が続くと、毛穴が開いて目立つようになります。また、加齢などで肌がたるむと、毛穴も縦に伸びて大きく開いてしまいます。さらに、ターンオーバーのサイクルが乱れて、古い角質が肌の表面にたまると、毛穴の溝が深くなって毛穴が開く原因となります。

良い毛穴ケア・悪い毛穴ケア

img4_400913152

このようなトラブルは、間違った毛穴ケアによって、引き起こされることがあります。次のようなケアは、肌に負担をかけ、毛穴のトラブルの原因となります。

洗顔

〇悪いケア
洗顔は、肌の表面に残っている余分な皮脂やほこりなどを取り除くため、必要なスキンケアといえます。しかし、1日に何度も洗浄剤を使って洗顔をする、ゴシゴシと擦るように洗う…等を行うと、必要な皮脂まで洗い流してしまうことになります。
皮脂は、不足すると肌を乾燥から守ろうとして過剰に分泌されるため、このような洗顔方法はかえって毛穴のトラブルを引き起こす誘因となります。

〇良いケア
洗顔は、1日に2回までにしましょう。また、洗顔するときの水の温度も重要です。皮脂は、熱いお湯ほどとれやすくなり、逆に冷たい温度ではとれにくくなります。
そのため、皮脂が過剰に分泌するのを防ぐには、ぬるめのお湯で洗顔をおこなうようにしてください。そして、洗浄剤をしっかりと泡立てて、優しく洗うようにすれば、お肌の表面を傷つけることもないでしょう。

保湿

〇悪いケア
洗顔後、保湿をしないでそのままにしていませんか?洗顔は、不要な皮脂やほこりを取り除いてくれますが、肌の水分量を保つために必要な皮脂や角質細胞まで取り除かれてしまいます。
そして、この状態のまま放っておくと、肌を乾燥から守ろうとして、皮脂が過剰に分泌されてしまい、結果として毛穴のつまりや黒ずみ、開きを招きやすい状態になります。

〇良いケア
洗顔後は、そのままにしておかないで、化粧水や乳液を使って保湿をしましょう。ただ、保湿といっても水分が多めなもの、油分が多めなものなどいくつかのタイプがあります。
皮脂の分泌量が多い時に、油分がたっぷりの保湿剤を使ってしまうと、余った皮脂や保湿剤が毛穴につまることがあります。そのため、自分の肌の特徴やそのときの状態に合わせて保湿剤を選ぶとよいでしょう。

そのほかの毛穴ケア:毛穴パックと酵素洗顔

img6_2
ここまでご紹介したケアを実践しても、毛穴の悩みが解消されない方もいるでしょう。そんなときによく行われているのが、毛穴に特化した2つのケア「毛穴パック」と「酵素洗顔」です。この2つを行う際の注意点を説明しましょう。

毛穴パック

ドラッグストアなどで、よく見かける「毛穴パック」は、毛穴につまった角栓を取り除くことを目的としています。毛穴パックには、シートタイプのものや洗い流すタイプのものなどがありますが、それぞれの使用方法を守って行うことが大切です。また、使用する際は、使う頻度にも注意しましょう。
毛穴パックでたくさん角栓がとれると、嬉しくなって頻繁に使いたくなってしまう方も多いはず。ただ、毛穴パックは、はがすときに必要な皮脂や角質もはがれてしまうため、多くても2週間に1度にしましょう。毛穴パックをした後は、毛穴が開いた状態になっているため、ビタミンC誘導体を含む化粧水など、引き締め効果を持つ保湿剤を使って保湿するようにしましょう。

酵素洗顔

酵素洗顔とは、酵素を含む洗浄料(酵素系洗顔料)を使った洗顔方法のことです。酵素には、たんぱく質を分解する効果があります。角栓のもととなる古い角質は、たんぱく質なので、酵素系洗顔料を使うことで、これらを除去することができます。
酵素洗顔の場合も、先ほどご紹介した洗顔方法と同じように、しっかりと泡立てて優しく洗うようにしましょう。もちろん、すすぎ残しにも注意します。また、酵素洗顔も、角質を除去する働きがあるため、やりすぎは肌に負担をかけます。ですから、週に1度程度を目安としましょう。

必要な場合は医師に相談すること

毛穴の黒ずみや開きを放っておくと、やがて炎症=ニキビになってしまいます。セルフケアでなかなか改善できない場合は、美容皮膚科に相談してみましょう。

毛穴の詰まり・黒ずみ・開き対策のおすすめ治療

214_04.jpg

毛穴の詰まりに最適な治療

毛穴の詰まりに最適な治療は、ハイドロピーリンググロスピールです。

ハイドロピーリングは、専用の機器(デュオハイドロジェン)と薬剤を使用し、水素とオゾン水を発生させながら特殊チップによる水流を用い、肌にほとんど刺激を与えずに毛穴内の皮脂汚れを取り除く美肌治療です。また、一度の治療で、水溶性AHAピーリングと油溶性BHAピーリング、水素水ケア&オゾン水殺菌、美容液導入の3つのケアができるトリプル水素セラピーです。

ハイドロピーリング

グロスピールは、果実エキスの抗酸化作用や保湿、抗炎症作用に注目した新しいピーリング治療です。従来のピーリング剤とは異なる陽性活性剤を使用することで、抗酸化作用により皮膚の刺激を軽減し、毛穴や美白の治療だけではなく、皮膚内の組織を保護し老化予防と改善をサポートします。また、施術直後からお肌の『潤い』を実感いただける画期的なピーリングです。

グロスピール

毛穴の黒ずみに最適な治療

毛穴の黒ずみに最適な治療は、ケミカルピーリング​​​​​​​レーザー美白です。

ケミカルピーリングは、薬剤で古い角質を取り除いて新しい皮膚の再生を活性化させる治療です。ケミカルピーリングで使用する薬剤は、角質層同士の結びつきを弱める働きがあり、 肌に塗布すると、古い角質が剥がれ落ちやすく、新しい角層の生成が促されます。当院のケミカルピーリングは、サリチル酸マクロゴール ピーリングをご用意しており、従来のサリチル酸ピーリングは刺激が強いものでしたが、マクロゴールを合わせることでサリチル酸を肌の深層部にまで浸透させることなく、皮膚表面の古い角質や毛穴に詰まった角栓を取り除くことができるようになりました。

ケミカルピーリング

レーザー美白は、カーボン(炭素)ローションを塗布した上で、レーザー照射する方法です。カーボン粒子に当たった光エネルギーが散乱し、エネルギーが様々な効果を導き出します。フォトフェイシャルと似た治療ですが、カーボンローションを毛穴へ滑り込ませ、レーザーを照射するため、カーボンピーリングのほうがより毛穴に特化した治療方法と言えます。また光エネルギーが表皮層であればターンオーバーの促進になり、真皮コラーゲン層であれば肌のハリ回復となります。

レーザー美白

毛穴の開きに最適な治療

毛穴の開きに最適な治療は、ダーマペン4フラクショナルCO2レーザーです。

ダーマペン4は、髪の毛よりも細い超極細針で肌に微細な穴を形成し、肌が回復する力(自然治癒力)を高める治療です。その過程でコラーゲン生成が促され、お肌の再生が活発に行われるようになります。ニキビ跡やクレーター、小ジワ、毛穴の開きといった肌トラブル・肌老化の改善やエイジングケア効果が期待できます。当院で導入しているダーマペン4は、先端に16本の超極細針がついており、肌に微細な穴をあける際の最大深度も2.5mmから3.0mmまで深くなったため、より効率的に有効成分を浸透させることができます。

ダーマペン4

フラクショナルCO2レーザーは、皮膚に微細な穴を開け、肌再生を図るとともに成長因子を浸透させる、お肌の最先端エイジングケア治療です。レーザーによる微少なスポットを皮膚に開け、熱エネルギーを与えながら美肌のための細胞再生を促しますので、短期間で様々なお肌の問題を改善する事が可能なのです。皮膚再生(肌の若返り)による美肌治療としては効果的な治療であり、かつレーザーを使用した治療方法としては画期的と言えます。

フラクショナルCO2レーザー

 

生活習慣を見直すことも重要な毛穴ケア

img4_400913152

 

ここまでスキンケア方法をご紹介してきましたが、毛穴のトラブルに悩まされないためには、生活習慣を見直すことも重要です。なぜなら、肌の新陳代謝を促すためには睡眠時間を充分に確保することが重要ですし、皮脂の過剰な分泌はストレスによって引き起こされることがあるからです。
もちろん、栄養バランスのとれた食事も、肌やカラダにとって必要不可欠な要素です。ですから、スキンケアだけで毛穴ケアを行うのではなく、生活習慣の見直しと併せて取り組むことが、毛穴の目立たない健やかな肌作りへの近道といえるでしょう。

毛穴ケア:まとめ

  • 毛穴のつまりの正体は、過剰に分泌された皮脂と肌に残った古い角質が混ざってできた角栓
  • 毛穴の黒ずみは、角栓が酸化したもの
  • 肌が炎症を起こし、色素沈着が起こった結果、毛穴が灰色のようにみえることがある
  • 毛穴の開きは、過剰な皮脂がつまっていることや、加齢によるたるみ、ターンオーバーの乱れなどによって起こる
  • 1日に何度も洗顔する、ゴシゴシ洗うといった洗顔方法は、過剰な皮脂分泌を招いて毛穴のつまりや黒ずみ、開きの原因になる
  • 顔は、1日2回までとし、ぬるま湯で洗うようにすると、適度な皮脂を保つことができる。また、洗浄剤を泡立てて優しく洗うようにする
  • 洗顔後の保湿は必須。保湿剤もいろいろなタイプがあり、肌に合っていないと毛穴のつまりの原因となる
  • 「毛穴パック」は、使用方法と使用頻度に気をつけることが大切。必要な皮脂や角質まで取り除かないよう、多くても2週間に1度にすること
  • 酵素系洗顔料は、たんぱく質を分解する作用があるため、古い角質を取り除いて毛穴のトラブルを防ぐ効果が期待できる
  • 生活習慣が乱れていると、肌の新陳代謝や皮脂の分泌状態に影響を及ぼすので、スキンケアに加えて、生活習慣の見直しも必要
文/品川美容スタッフ

category