Search
フリーワードで探す
Category
カテゴリー
Weekly Ranking
ランキング

今更聞けない、30代のための「保湿」の基本

  • Twitterでツイート
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
slim2_1

10代、20代のころよりもお肌の乾燥が気になる…という30代の方は多くいらっしゃいます。特に寒い季節は肌が粉をふいたようにカサカサになる、手で触った時にごわつく、かゆみがある…といった声も。肌が乾燥した状態だと、外部からの刺激に対して敏感になってしまうだけではなく、メイクのりが悪くなったり、小じわが目立ちやすくなるなどのデメリットがあります。
そんな肌のお悩みの解決の鍵は「保湿」。今回は肌が潤いを保つ仕組みや、効果的な保湿の方法について解説します。

そもそも肌はどうやって潤うの?

slim2_2

肌はなぜ乾燥してしまうのでしょうか?まずは皮膚の構造から見ていきましょう。
皮膚は、色々な種類の層がミルフィーユのように何重にも重なって構成されています。
大きく分類すると、外側から順番に「表皮」「真皮」「皮下組織」の層に分けることができます。また、毛細血管やリンパ管、毛穴(皮脂腺・汗腺)なども存在しています。
次に、表皮の部分にフォーカスしてみましょう。

潤いキープの鍵!「角層(角質層)」とは?

slim2_3

皮膚の一番外側である「表皮」を詳しく見ていくと、角層(角質層)、顆粒(かりゅう)層、有棘(ゆうきょく)層、基底層に分かれています。
表皮の最上層である角層(角質層)がいわゆる「肌のバリア機能」を司っており、空気による乾燥から細胞を守っています。

角層(角質層)には「天然保湿因子(NMF:natural moisturing factor ナチュラルモイスチュアリングファクター)」というアミノ酸が主成分の物質と、「セラミド」と呼ばれる角質細胞間脂質が存在し、これらが肌の水分を保っています。天然保湿因子は水分を取り込む吸湿性と水分を抱え込む保湿性を備えているため、空気中や真皮にある水分を取り込んで、角層にうるおいを与える働きをしています。

基本的に、角層(角質層)へは体内から絶えず水分が供給され、肌の表面では常に水分が蒸散しながら、一定の水分量を保持しています。
また、皮膚の表面では毛穴から分泌された皮脂が「皮脂膜」を形成し、これらの成分が抱えている水分を守っています。

角層(角質層)がどんな状態だと美しい肌に見えるの?

slim2_3

皮膚の最外層である角層(角質層)の水分含有量は、見た目の美しさにも関わってきます。肌がカサついたり、ごわついたり、くすんで見えたりするのは、角層(角質層)の水分含有量が下がることによる乾燥や代謝不足によって古い角質が残ってしまっていることに起因します。

皮下組織まで含めた皮膚全体の水分含有量は約70%が正常といわれていますが、外界に近い角層(角質層)の水分含有量は約20~30%が適正です。このくらいの水分含有量の状態であれば、潤いのある美しい肌に見えるとされています。

この水分含有量を保つためには、皮膚の保水システムが正常に働いていること、また、外部の乾燥から皮膚を守ることの2つが重要です。

30代以降、乾燥に悩む人が増える理由は?

slim2_3

一見問題なさそうな皮膚の保湿システムですが、季節や環境、また加齢によってその働きが十分ではなくなってしまう場合があります。

例えば気温の低い冬には、皮膚の代謝が低下してしまい、皮脂腺・汗腺などの働きも低下するため、皮脂膜が形成されにくくなります。さらに天然保湿因子やセラミドなどの生成機能も低下し、保湿作用が弱まってしまうため、さらに乾燥が加速してしまいます。

また、オフィスワークなど季節を問わず空調の風にさらされる環境であったり、強い紫外線を浴びる環境の場合には、同様に乾燥が進んでしまう場合があります。加湿器や日焼け止めなどで対策をするのが良いでしょう。

さらに保湿システム自体が弱まってしまう原因として、加齢が挙げられます。男女ともに、年齢を重ねるに連れて皮脂分泌量やセラミド、天然保湿因子が減少することがわかっており、女性の場合は20歳をピークに減少がはじまります。

肌は少しずつ変化していくため「いつものケアをしてもカサつく」「乾燥しやすくなった」などの実感が現れるのが30代以降なのだと言えそうです。

美肌を作るスキンケアのポイントは?

slim2_3

スキンケアはとにかく化粧水やクリームを付ければいい、という訳ではありません。化粧水などの成分を肌にきちんと届けるためには、肌表面の汚れや古い角質をきちんと落とすことも大切です。

古くなった細胞が垢(角質)となって剥がれ落ちる「ターンオーバー」は皮膚の大切な役割のひとつです。古い角質が留まったままの肌は水分が十分に行き渡らず乾燥しやすいだけでなく、肌の代謝を阻害してくすみや毛穴の黒ずみの原因にもなります。乾燥したくないからといって、角質のケアをおろそかにするべきではありません。

まずは適切な洗顔で余分な皮脂や油分、古い角質を落とし、代謝を良くすること。そして、化粧水で水分を補い、乳液やクリームで水分の蒸発を防ぐことが基本のケアです。

また、朝と夜でスキンケアを切り替えることも有効です。

slim2_3

朝のスキンケアのポイント

朝のスキンケアでは、紫外線や大気汚染、空気の乾燥など、日中のさまざまな刺激から肌を守ったり、受けるダメージを減らしたりするお手入れが必要です。

寝ている間に分泌された皮脂や、前日のスキンケアの油分を落とすためにも丁寧な洗顔を心がけましょう。また、スキンケアの仕上げには、日焼け止めで紫外線ダメージを防ぎましょう。

夜のスキンケアのポイント

夜のスキンケアは、クレンジングで日中のメイク、汗や皮脂、ホコリや大気に含まれる汚れなどの油性の汚れをクレンジングでしっかりと落とした後に、通常の洗顔を行い、化粧水や乳液、クリームなどで水分を補給しましょう。

洗顔料をしっかりと泡立てて顔をこすらないように洗顔する、化粧水は適量使い、肌にしっかりとなじませるなど、基本的なテクニックを地道に行うことが美肌につながります。

さらに、肌の保水力が落ちてくる30代以降では、より水分を抱え込みやすくするための美容液やブースターなどをお手入れにプラスしてみるのも良いでしょう。

「角質オフ」と「しっかり保湿」は美容医療で叶えられる

色々手を尽くしてみても、肌の状態がなかなかよくならない、ホームケアだけでなくスペシャルなケアをしたい…そんな場合には、美容外科やスキンクリニックなどの美容医療によるケアを試してみてはいかがでしょうか。

先に挙げた二つのポイント「角質オフ」と「しっかり保湿」を叶える、品川グループの美容医療メニューをご紹介します。

もっちり潤うピーリング治療「グロスピール」

症例写真9
施術名:グロスピール
施術の説明:有効成分果実エキスによるピーリング治療
料金: 14,720 円
副作用・リスク:熱感かゆみ:数時間位。
治療間隔:2週間以上空けて数回。
お問い合わせ:0120-713-900

「グロスピール」は、ブルーベリー、クランベリー果実エキス等の「抗酸化」「皮脂分泌抑制」作用に着目して開発されたピーリングです。抗酸化作用により、皮膚の刺激を軽減し従来の毛穴や美白の治療だけではなく、皮膚内の組織を保護し老化予防と改善をサポートします。

一般的なピーリングは施術直後に乾燥しやすいものですが、グロスピールの場合は非常に保湿性が高く、直後からお肌の潤いを実感いただけます。

 

手軽で即効!ツヤ肌へ導く「コラーゲンピール」

症例写真9
施術名:コラーゲンピール
施術の説明:薬剤を塗り、古い角質を除去してターンオーバーを活性化させる治療
料金:9,810円~14,720円
【リスク・副作用】熱感かゆみ:数時間位。
治療間隔:2週間以上空けて数回。
施術名:ハートチーク
施術の説明:ヒアルロン酸注入でホホにボリュームを出す治療。
料金:18,000円
【リスク・副作用】内出血:注入後に内出血(青み)、浮腫、軽度の疼痛が1~2日位。
お問い合わせ:0120-713-900

コラーゲンピールは高濃度トリクロロ酢酸(TCA)と低濃度過酸化水素(H2O2)とコウジ酸を主成分とする薬剤を皮膚に塗布して、マッサージしながら肌の真皮深層までに働きかけ、肌組織を活性化させることでコラーゲンの生成を促進するので、直後から肌がツルツルになり、次第にハリ感・弾力を取り戻していきます。
ピーリングでありながらフロスティング作用(剥離作用)が起きにくく、専用の保湿クリームなどもご用意しているため、肌の乾燥を防ぎながら角質をケアすることができます。
※この症例では、ヒアルロン酸を両ホホに注入することでお顔に立体感を与える「ハートチーク」も同時に受けています。

 

組み合わせ治療で保湿&肌ケア「パール美肌」

slim2_3

「パール美肌」は、肌に負担を与えずしっかりと保湿をすることができる美肌トリートメントメニューです。専用の機器を使って、肌表面をマッサージしながら細胞膜に微小な孔を形成させ、美容成分を肌の奥まで導入。ヒアルロン酸やコラーゲンをはじめとした様々な成分を高い浸透率で肌に届けることができます。

美白・肝斑に効果的なトラネキサム酸とビタミンCの美容液のほか、小顔・引き締め、エイジングケア、ニキビ・ニキビ跡・赤み改善、乾燥肌・小じわ、毛穴など、お悩みに合わせた様々な美容液が選べるので、ピーリングなどの角質のケアの後に一緒に受けるとより効果的です。

 

これらの「角質オフ」と「しっかり保湿」を叶えるメニューの他にも、品川グループのクリニックでは保湿に優れたメニューやホームケアアイテムを多数ご用意しています。
カウンセリングは何度でも無料で、メニューの内容やホームケアについても詳しくご説明させていただきます。ぜひ一度クリニックへご相談ください。また、無料のメール相談も受け付けていますので、こちらもお気軽にご利用ください。


予約

 

▼今回ご紹介したメニューはこちら▼

文/品川美容外科 美容スタッフ

投稿記事一覧

もっと読む
  • 品川美容外科の安心保障制度。私たちは施術前の患者様の不安の解消と施術後の経過ケアをじゅうぶんに行います。詳細へ。
    施術前の不安を解消します!品川美容外科の安心保障制度一覧

ご予約・ご相談はこちら 通話料無料 土日祝もOK

  • WEB予約
  • メール相談
  • 0120-189-900 予約受付時間10:00~22:00
消費税改正に伴うご案内 当院では2019年10月の消費税改正後も患者様にご負担いただく金額は変わりません

※ただし一部メニューは除きます。詳細はお問い合わせください