210105_SBN_logo_pink.svg

426_00.jpg

「エレクトロポレーション」をご存じでしょうか。

ニキビ跡や毛穴の開き、シミや肝斑など、さまざまなお肌の悩みの改善が期待できる治療で、美容クリニックなどで受けることができます。今回は、そんなエレクトロポレーションについて詳しく解説します。

エレクトロポレーションとは

426_01

エレクトロポレーションは、皮膚に弱い電圧をかけて小さな孔(あな)をあけ、そこから美容液を導入する施術法です。「電気穿孔(せんこう)法」とも呼ばれています。

エレクトロポレーションはもともと生物学の分野で用いられていた方法ですが、その後、美容医療の分野に応用されました。

痛みを伴わずに有効な美容成分を皮膚へ届けることができる方法として、注目されるようになってきています。

 

エレクトロポレーションのしくみ

426_02

皮膚のいちばん外側には、角質があります。角質は角質細胞と、その隙間を埋めるセラミドなどの細胞間脂質で構成されています。

エレクトロポレーションでは専用の機器を使い皮膚に弱い電圧をかけ、細胞間脂質の間に小さなを形成します。この状態で美容液を浸透させると単に手などで塗っただけでは浸透しない分子が角質の奥(真皮)まで入っていき、美容成分を届けることが可能になります。

なお、施術によって形成された孔はすぐにふさがるため、皮膚に大きなダメージをかけることはありません。

 

エレクトロポレーションに期待できる効果とは?

426_03

エレクトロポレーションでは、お肌の悩みや皮膚の状態に合わせて、導入する美容液を選ぶことができます。

たとえば、皮膚の乾燥や小じわなどを改善したい場合には、コラーゲンやヒアルロン酸。

シミを薄くしたり、予防したい場合には、トラネキサム酸やビタミンC。

エイジングケアを行いたい場合は幹細胞成長因子やプラセンタ。

小顔を目指したい場合にはリポエレム。

毛穴の開きなどの悩みを持つ場合はグリシルグリシンやビタミンCといったように、それぞれの悩みに合わせて美容液が選択されます。

実際に使用する美容液の種類については、クリニックなどによっても異なります。また、背中など顔以外の場所に施術することも可能ですので、興味のある人はまずはカウンセリングを受けてみましょう。

 

エレクトロポレーションとイオン導入の違い

426_04

エレクトロポレーションに似た施術として「イオン導入」というものがあります。こちらも美容液を皮膚の内部にまで浸透させる方法ですが、この2つは何が違うのでしょうか。

イオン導入は専用の機器を使って弱い電流を流すことで美容成分をイオン化して、皮膚の内部に浸透させる施術法です。ビタミンCやプラセンタなどを含む美容液を使用することができ、美白、ニキビ跡、くすみの改善などへの効果が期待できます。

電気を使って美容成分を導入するという共通点を持つイオン導入とエレクトロポレーションですが、次のような違いがあります。

使用できる美容成分

お伝えしたように、イオン導入では美容成分をイオン化して皮膚に浸透させます。ところが高分子(分子量が大きい)の成分はイオン化されず、皮膚に吸収されないことからイオン導入は使用できる美容成分に限りがあります。

これに対して皮膚に小さな孔をあけるエレクトロポレーションでは、イオン導入では使えなかった美容液も皮膚の内部に浸透させることができます。

たとえば皮膚のハリを保つ上で必要なヒアルロン酸やコラーゲンなどは高分子のためイオン導入には不向きでしたが、エレクトロポレーションでは使うことができます。

美容成分の浸透率

エレクトロポレーションのほうがより皮膚の奥(真皮)にまで美容成分を届けることができるといわれています。また美容成分の浸透率にも違いがあり、エレクトロポレーションによる浸透率はイオン導入よりもおよそ20倍高いともいわれています。

皮膚への刺激

イオン導入では美容成分のイオン化にともなって皮膚のpHが変化しますが、エレクトロポレーションではこのpHの変化が起こらないため、より皮膚への刺激が少ないという特徴があります。
 

エレクトロポレーションの施術について

施術前

426_05

まずはカウンセリングを行います。このときにお肌の悩みや希望を伝え、不安なことや疑問点があれば医師に相談しましょう。また、施術に必要な回数は皮膚の状態によっても変わってきますが、一般的には数週間の間隔をあけて何度か行うことで効果を実感できるようになります。

施術中

施術では専用の機器を使って皮膚に小さな孔をあけた後、美容液を導入していきます。施術時間は15~30分間ほどです。電気を使うためピリピリとした感じがともなうことがありますが、痛みを感じることはほとんどありません。気になる症状が出た場合には施術中でも、スタッフに申し出るようにしましょう。

施術後

腫れや痛みがほとんどなく施術後はすぐにメイクや入浴をすることも可能です。まれに赤みが出ることがありますが、自然によくなることがほとんどです。

 

エレクトロポレーションの注意点

426_06

さまざまな効果を期待できるエレクトロポレーションですが、体内にペースメーカ-、内部除細動器などを装着している人や妊娠中の人は施術を受けることができません。

また、皮膚に疾患がある人や施術をする部分にインプラントや金属プレートなどが入っている人、持病(免疫系の障害、てんかんなど)がある場合にも、施術を受けられないことがあります。

事前の説明をよく聞いて、禁忌に該当することがある場合には必ず申告しましょう。また、一部の美容液についてはアレルギー反応が起こる場合があるので、既往歴などは正しく伝えることが重要です。

 

エレクトロポレーションはお肌の悩みを総合改善したい方におすすめ

426_07

誰もが抱えるお肌の悩み。毎日のスキンケアをしっかり行うことは健やかな肌作りや、これから起こり得る肌トラブルを防止する上で重要です。けれども、それだけでは改善しない肌トラブルも多く、コンプレックスになってしまうこともあるでしょう。

そんなときは、美容医療のチカラを借りることも方法の一つです。さまざまな悩みに対応できるエレクトロポレーションを検討してみてはいかがですか。

 

「エレクトロポレーション」とはどんな治療? まとめ

  • エレクトロポレーションは、皮膚に弱い電圧をかけて小さな孔(あな)をあけ、そこから美容液を導入する施術法
  • 悩みに合わせて、導入する美容液を選ぶことができ、小じわ、シミ、エイジングケア、小顔、毛穴の開きといった悩みに対応ができる
  • イオン導入との違いとして、高分子のヒアルロン酸やコラーゲンなども使用することができる点、美容液の浸透率が高い点、皮膚への刺激が少ない点などがあげられる
  • 施術時間は15~30分間で、ピリピリ感はあるが、痛みはほとんどない
  • 体内にペースメーカーなどを入れている人、皮膚に疾患がある人、妊娠中の人、持病がある人などは施術を受けられないことがあるので、既往歴などは正しく申告すること
文/品川美容スタッフ

category