Search
フリーワードで探す
Category
カテゴリー
Weekly Ranking
ランキング

毛穴の2大悩み「黒ずみ」「開き」はなぜ起こる?

img1_198731576

自分の顔を鏡で見た時、毛穴が黒ずんでいる、開いて目立つ…ということでは、がっかりしてしまいますよね。このような毛穴のトラブルはどうして起こるのでしょうか?この記事では、毛穴にまつわる代表的なトラブル、毛穴の「黒ずみ」と「開き」について解説します。

毛穴の種類を知って正しいケアをしよう

img2_311029100
専門的名称は「毛包(もうほう)」と呼ばれている「毛穴」。
私たちの肌は、外側から、表皮・真皮・皮下組織という3層の構造になっています。毛穴はこのうち真皮から皮膚の表面に向かって、毛を覆うように伸びています。
毛穴と聞くと、1種類しかないと思っている方も多いかもしれません。しかし、毛穴には実際には3つの種類があるのです。

軟毛性毛包

産毛が生えている毛穴のこと。皮脂腺があまり発達していないため、つまりが起こりにくい毛穴の部分です。

脂腺性毛包

短く、細い毛が生えている毛穴で、最も皮脂腺が発達しています。皮脂の分泌が多くなる顔や胸や背中などが、脂腺性毛包の多い場所です。皮脂の分泌が多いため、毛穴のつまりも起こりやすくなります。

終毛性毛包

髪やひげなど、太い毛が生えている毛穴です。皮脂の分泌が多い場所です。ただ、太い毛が生えかわるときに皮脂も一緒に出ていくため、皮脂はつまりにくいといわれています。

この中でも皮脂の分泌量が多い脂腺性毛包は、毛穴の黒ずみや開きといったトラブルが起きやすい毛穴といえます。では、どんなことが原因でこのようなトラブルが起こるのか、見ていきましょう。

毛穴の黒ずみとは?

img4_400913152

毛穴には、必ず皮脂腺があり、皮脂が分泌されています。皮脂は、皮膚の水分と混ざり合って皮脂膜を作り、外部の刺激や乾燥から肌を守る役目をはたします。けれども、何らかの原因によって皮脂が過剰に分泌されたり、肌表面にある古い角質がはがれずに残ったままになっていると、これらが混ざり合って毛穴をふさぎ、角栓となります。この角栓が酸化して黒っぽくなったのが、毛穴の黒ずみです。

毛穴の開き

img5_478826707

毛穴の開きも、代表的なお肌の悩みといえるでしょう。毛穴の開きは、黒ずみと同じように皮脂の分泌によって起こることもありますが、それ以外の要因でも起こります。どんなことが原因となるのか、見ていきましょう。

皮脂の過剰分泌によるもの

皮脂が必要以上に分泌することで、毛穴が大きく開いてしまっている状態です。思春期など、皮脂の分泌が多い時期には毛穴が開きやすくなります。また、皮脂の分泌は乾燥によっても促進されます。これは、水分量が少なくなった肌を守ろうと、皮脂がさらに分泌されるためです。

角栓のつまりによるもの

角栓がつまることで毛穴が開いてしまっている状態です。また、角栓が酸化してつまっていると、黒っぽくなるため、毛穴の開きが目立って見えます。

メラニンの色素沈着によるもの

ニキビなどで炎症が起こると、肌を守るためにメラニン色素が生成されます。そして、これが繰り返されると、毛穴の奥に色素沈着が起こり、毛穴やその周辺が灰色っぽく、目立つことがあります。

加齢や紫外線によるもの

ニキビなどで炎症が起こると、肌を守るためにメラニン色素が生成されます。そして、これが繰り返されると、毛穴の奥に色素沈着が起こり、毛穴やその周辺が灰色っぽく、目立つことがあります。

ターンオーバーの乱れによるもの

ターンオーバーとは、新しい角質が古い角質を肌表面へと押し上げ、垢となってはがれ落ちる、いわゆる肌の新陳代謝のことです。ターンオーバーのサイクルが乱れ、古い角質が肌の表面で分厚くなると、その分、毛穴の溝が深くなり、毛穴が開いて見えます。

毛穴の黒ずみや開きを防ぐ方法

img6_2

毛穴の黒ずみや開きを防ぐためには、次の2つのことに気をつけましょう。

正しいお手入れをすること

ここまでお話ししてきましたとおり、毛穴が黒ずんだり開いたりするのに、皮脂の分泌量が大きく関係しています。皮脂の分泌が多いときは、1日に何度も洗顔をしたり、ゴシゴシと洗ってしまいがちですが、これらの方法では、かえって皮脂の分泌量を増やすことになります。洗顔するときは優しく洗い、回数も1日2回までにとどめましょう。
また、洗顔後の乾燥は、皮脂の分泌を促し、毛穴の黒ずみや開きの原因となりますから、保湿も忘れずに行いましょう。もちろん、たるみの原因となる紫外線対策も忘れずに。

生活習慣を整えること

お肌のターンオーバーが乱れると、古い角質が肌に残り、毛穴を詰まらせて黒ずみや開きの原因となります。ターンオーバーは、睡眠不足や偏った食事、ストレスなど、普段の生活習慣に大きな影響を受けているため、規則正しい生活を送ることは、毛穴のトラブルを回避する上でも非常に重要だといえます。

必要な場合は医師に相談すること

毛穴の黒ずみや開きを放っておくと、やがて炎症=ニキビになってしまいます。セルフケアでなかなか改善できない場合は、美容皮膚科に相談してみましょう。

毛穴:まとめ

img8_51000781
  • 毛穴は、専門的には「毛包(もうほう)」といい、お肌の真皮から表面に向かって毛を覆うように伸びている。
  • 毛穴は、軟毛性毛包、脂腺性毛包、終毛性毛包の3つがある
  • 脂腺性毛包は皮脂の分泌が最も多く、毛穴のトラブルが起こりやすい
  • 毛穴の黒ずみは、必要以上に分泌された皮脂や、肌表面に残った古い角質が混ざりあってできた角栓が酸化したものである
  • 毛穴の開きは、皮脂の過剰分泌、角栓のつまり、メラニンの色素沈着、加齢や紫外線、ターンオーバーの乱れなどによって起こる
  • 毛穴の黒ずみや開きを防ぐには、正しくお手入れすることと生活習慣を整えることが大切

文/品川美容外科 美容スタッフ

投稿記事一覧

もっと読む
  • 品川美容外科の安心保障制度。私たちは施術前の患者様の不安の解消と施術後の経過ケアをじゅうぶんに行います。詳細へ。
    施術前の不安を解消します!品川美容外科の安心保障制度一覧

患者様の悩みや不安を取り除くことが私達のモットーです。土日・祝日対応、携帯・PHSからもOK。全国共通フリーダイヤル。全国共通ご予約・ご相談はこちら10:00~22:00 Tel:0120-189-900
無料カウンセリング予約。ご相談、医師による診察は何度でも無料。
お近くのクリニックを探す。全国25院にて診察中ご希望のエリアからお近くのクリニックをお選びください。
メール無料相談。お忙しい方や一人でお悩み野の方、まずはメールでご相談ください。