Search
フリーワードで探す
Category
カテゴリー
Weekly Ranking
ランキング

再生医療の技術を活用した「成長因子」ってどんなもの?【医師監修】

  • Twitterでツイート
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
440_00

スキンケア用品などの広告でも目にする機会が増えてきた「成長因子」とういう言葉。
なんとなく美容に良さそうなイメージですが、一体どんなものなのでしょうか。

今回は美容分野において今後期待されている「成長因子」について解説していきます。

 

成長因子とは?

440_01

成長因子とは、体の様々な細胞で作られるたんぱく質の一種で、「細胞再生因子」や「グロスファクター」とも呼ばれています。
成長因子の主な役割は、成長ホルモンの分泌に関わったり、細胞の増殖を促すためキズを治す過程で重要な役割を担っています。

「自然治癒力」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
けがをした時、時間と共にキズが徐々に治っていくと思いますが、その再生力のことを自然治癒力と呼びます。
キズが治るためには、ターンオーバーによって古い皮膚が押し上げられ、新しい皮膚に生まれ変わる必要があります。成長因子には、このターンオーバーを正常に働かせる作用があるのです。

 

成長因子の種類

440_02

体内の成長因子には多くの種類があり、働きも大きく異なります。
ここでは美容に効果が期待できる成長因子について解説していきます。

 

EFG:ターンオーバーを促す

上皮細胞増殖因子」や「表皮細胞成長因子」とも呼ばれていて、53個のアミノ酸で構成されています。
EGFはターンオーバーを促進させる作用があり、美容にとって重要な役割を担っています。
また、新しい血管を作ったりキズの治りを早くする作用もあるため、火傷の外用薬の成分としても用いられています。

 

FGF:ハリ・弾力のもとを生成する

線維芽細胞増殖因子」や「線維芽細胞成長因子」とも呼ばれています。
線維芽細胞は皮膚の奥にある真皮内の細胞で、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など、ハリや弾力のある肌に欠かせない成分を生み出す役割を担っていて、その線維芽細胞を増殖させることで、しわやたるみを改善する効果が期待できます。

 

IGF:新しい細胞を生み出す作用

損傷を受けた細胞の再生を促す役割があります。
肌のハリや潤いを保つために必要なヒアルロン酸の生成にも関わっており、シワやたるみ予防にも重要な働きを担っています。

 

TGF:コラーゲンやエラスチンを強化する

線維芽細胞の働きによって生み出されたコラーゲンやエラスチンの構造を強化する機能を持っています。
抗酸化作用もあるため、お肌の組織構造を守る役割があります。

 

セルフケアアイテムによる注意点

440_04

このように、成長因子には様々な役割があり、美容にとって非常に重要で、効果の期待できるものであると言えます。
最近では成長因子を含むセルフケアアイテムも販売されるようになりましたが、成長因子が多く含まれているスキンケアアイテムを使用したからと言って、美容効果がアップするわけではありません

もちろん、肌のトラブルがなかなか改善しないような場合には、不足量を補うことで一定の効果を期待することはできますが、必要以上に摂りすぎると、身体へ悪影響を及ぼす危険性も懸念されているので注意が必要です。

また、成長因子は分子量が大きいため、美容液やクリームとして皮膚の外側から塗った場合にどれだけ吸収されて効果が発揮されるかは定かではない。ともいわれています。

では、効果的に成長因子を取り入れて美容効果を実感するためにはどのような方法があるのでしょうか。

 

美容医療を利用する

440_03

再生医療にも用いられる成長因子の技術は、美容医療の分野においても研究が進み、美容外科でも治療に取り入れられるようになってきています。

例えば、目元のシワに悩んでいる場合には、成長因子が配合されている「美肌注射プレミアム」は、ヒアルロン酸やコラーゲンの増生が促進され、シワ、小じわの改善や潤い、ハリ、透明感アップといった若返り効果を実感することができます。その他、ニキビ跡、クレーター肌にも有効です。

美肌注射プレミアムは、気になる部分や有効成分を肌全体に注入するため、肌本来の再生力をアップさせ、肌のキメが整ったり、透明感もアップするなど、幅広いエイジングケア効果が期待できるのです。

林医師
美肌注射プレミアムは、月に1回の特別なスキンケアとしておすすめです。
毎日、化粧水や美容液などで、お肌のお手入れをしているかと思いますが、お肌はバリア機能が強いため、外側からのアプローチだけでは、お肌を綺麗にする有効成分は皮膚の内側まで浸透しにくいとされています。
成長因子による治療では、お肌の内側に直接アプローチできるため、小ジワの改善やハリ感のアップが期待できます。
ヒアルロン酸や脂肪注入でボリュームを出すのはちょっと怖いけれど、基礎化粧品による普段のお肌のお手入れに加えてもう少し何かしたい方におすすめです。
440_shorei1
美肌注射プレミアム:培養上清液を注入し肌組織の再生を促す治療。5,000円 (1cc)
【リスク・副作用】ハレ:1週間位。【注入量】:2cc(片目1ccずつ)【経過日数】施術2回目1ヶ月後。
(Tel:0120-189-900)
440_shorei2
美肌注射プレミアム:培養上清液を注入し肌組織の再生を促す治療。5,000円 (1cc)
【リスク・副作用】ハレ:1週間位。【経過日数】施術6回後。
(Tel:0120-189-900)

また、当院では、より高い美肌効果をご実感いただくため、お肌に塗布したり他の治療と組み合わせることができるオプションメニュー「美肌ホワイト」もご用意しております。

ダーマペンパール美肌などの機器を使用し、美容成分を肌内部へと浸透させる方法や、機器を使用しないピーリングなどのメニューにも、塗布をするかたちで追加していただけます。

こちらは美肌注射とは違い直接薬剤を注入するわけではないため、痛みの心配がある方や、成長因子に興味があり、お試しでやってみたいという方におすすめです。

※美肌ホワイトはオプションメニューとなるため、単体での施術は行っておりません。

林医師
目元や口元など、特定の部位が気になる方は、美肌注射(成長因子の注射)
お肌全体を綺麗にしたい方には、ヴェルベットスキン+オプション美肌ホワイト(塗布)が特におすすめです。

このような美容外科で受けられる施術は、費用やオプションの内容もクリニックによってさまざまです。興味がある方やお悩みがある方は、是非お気軽にご相談ください。

成長因子は、今後さらなる発展が期待される注目の成分です。納得できる効果が得られるよう、自分に合う活用方法を見つけてみてください。

 

まとめ

  • 成長因子は体内で作られるたんぱく質の一種で、成長ホルモン分泌や細胞の増殖に関わる
  • 年齢とともに減る成長因子を適切に補うことで、肌の若返りを目指すことができる
  • 成長因子には、EGF、FGF、IGF、TGFなど多くの種類があり、働きが異なる
  • 成長因子は多くとり入れればよい、というものではなく、質とバランスが重要
  • 成長因子の効果を得るには、安全性や信頼性に問題のない製品を選ぶ必要がある
  • 美容外科などで受けられる成長因子配合の美肌注射は、高い効果を期待できる
  • 信頼できるクリニックや医師に相談して自分に合う活用法を見つけることが重要

この記事の監修医

  【監修】林英明医師
品川スキンクリニック表参道院 院長
山梨大学医学部医学科 卒業
日本美容外科学会会員
VST認定医
ジュビダームビスタ®認定医
ジュビダームビスタ®ボリューマXC認定医
ジュビダームビスタ®ボリフトXC認定医

監修/林 英明医師 文/品川美容外科 美容スタッフ

    関連キーワード

投稿記事一覧

もっと読む
  • 品川美容外科の安心保障制度。私たちは施術前の患者様の不安の解消と施術後の経過ケアをじゅうぶんに行います。詳細へ。
    施術前の不安を解消します!品川美容外科の安心保障制度一覧

ご予約・ご相談はこちら 通話料無料 土日祝もOK

  • WEB予約
  • メール相談
  • 0120-189-900 予約受付時間10:00~22:00

当サイトの医師監修について

品川美容外科には様々な科目の専門医・医学博士が在籍しています

品川美容外科には日本美容外科学会(JSAS)専門医、医学博士をはじめ、日本美容外科学会会員、日本美容外科医師会会員、麻酔科標榜医、日本麻酔科学会指導医、日本麻酔科学会専門医、日本救急医学会ICLS認定医、日本形成外科学会会員、日本熱傷学会会員、日本創傷治癒学会会員、日本脳神経外科学会会員、日本眼科手術学会会員、日本抗加齢医学会専門医、日本マイクロサージャリー学会会員、日本肥満学会会員、日本レーザー医学会会員など様々な科目の専門医等が在籍しています。

また2018年の第106回日本美容外科学会では当院理事長が学会長を務め、その他にも定期的な研修や勉強会を開催し、医療技術の向上に努めています。美容外科学会の詳細や研修・勉強会情報についてはこちらをご覧ください。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を遵守し、当ページは医師免許を持った品川美容外科の医師監修のもと掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について詳しくはこちら、当院の在籍医師(日本美容外科学会会員医師)一覧はこちらをご覧ください。

おすすめコンテンツ