Shinagawa Beauty Navi シナガワビューティーナビ

424_00.jpg

暑い日が続くと気になってくるのがワキ汗のお悩み。ワキ汗を止めたい、多汗症を治したい、汗だくでとにかく恥ずかしい!というお悩みの声が当院にもよく寄せられています。
ワキ汗の悩みを抱えていらっしゃる方は少なくありません。今回はクリニックで受けられるワキ汗・ワキの多汗症治療についてご紹介します。

ワキの多汗症とワキガの違い

ワキ汗は暑い時にも出ますし、暑くなくても精神的に緊張した時などにも出ます。あまりに多く汗が出るとニオイが気になりますし、グレーのシャツなどを着ると汗ジミが目立ってしまいますね。市販の制汗剤を使っている方も多いですが、それでも気になってしまうという方も多いようです。ワキの悩みだから、ワキガ治療をやっているクリニックに相談すればいいのかな…と思った方、ちょっとお待ちください!
混同されがちですが、ワキの多汗症とワキガはそれぞれ分泌される汗腺が異なる別のもの。まずはこの二つを区別しておく必要があります。

多汗症とは?

多汗症は水のような汗が大量に出る状態で、エクリン腺という汗腺から分泌されます。透明でさらっとした汗なら、エクリン腺からの汗だと判断してよいでしょう。
エクリン腺からの発汗は、アセチルコリンという物質の影響で生じます。体の中心部から出た自律神経のひとつである交感神経が皮膚の下まで伸びており、交感神経の端からアセチルコリンが放出されると、これがエクリン腺に作用し、発汗が促されるのです。
ワキや手のひら、足のうらなど限定した部位から大量の汗が出る場合には局所多汗症と呼びます。

ワキガとは?

対して、ワキガは黄色くねっとりした汗が大量に出る状態です。ワキガの汗はアポクリン腺という汗腺から分泌されます。白いシャツのワキに黄ばみができたり、洗濯しても黄ばみが残ったりする…という場合は、このアポクリン腺からの汗である可能性が高くなります。

 

ワキの多汗症の治療方法

多汗症の汗の場合、汗止めをする方法は2種類挙げられます。どちらも品川美容外科・品川スキンクリニックで受けられますので、お悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

医療用制汗剤「パースピレックス」による汗止め

エクリン腺からの汗止めに効果的な成分が塩化アルミニウムです。塩化アルミニウムはエクリン腺から分泌された汗の水分と反応し、水酸化アルミニウムに変化します。これが汗腺の栓となり、一時的に汗が出にくくなります。これを利用したのが医療用制汗剤のパースピレックス(Perspirex)です。

これまでの制汗剤・デオドラント剤は効果の持続時間が短いため、外出中・仕事中・スポーツ活動の最中に制汗効果が薄まってしまいます。何度も塗り直す手間を面倒に感じたり、制汗剤を忘れて焦ってしまったことはありませんか?
パースピレックスは特許処方により長時間、効果が持続する新しいタイプの制汗剤(医薬品)で、1回の使用で3~5日間、汗を抑制しさらさらが続きます。市販の制汗剤では抑制が難しかった、手の平や足の裏の汗にも、効果的です。また、香料不使用で、アレルギーのリスクを最小限に抑えられた安心処方。衣類への色移りや白い筋が残ることもありません。

パースピレックスにはロールオンタイプとローションタイプとがあります。ロールオンタイプはワキ用で、ローションタイプは手足用です。

ローションタイプは角質が厚い手足に向けて作ったもので濃度が濃くなっています。そのためローションタイプをワキに使用すると刺激が強すぎてかぶれたり、赤みが出たりすることがありますので、ワキにはロールオンタイプを使いましょう。


※パースピレックスの処方では、第三者機関による臨床試験において、使用ごとに 65%の発汗抑制が72時間以上持続することが実証されています。
※効果が出るまで1週間程度、毎晩塗布します。効果が出始めてからは、週に2~3回、塗布します。妊娠中でも使用可能です。
※パースピレックスは医療機関専売品(医薬品)の制汗剤です。処方には、医師の診療が必要となります。

ボツリヌス・トキシン(ボツリヌス注射)による汗止め

ワキ汗を一定の期間出にくくする治療にボツリヌス・トキシン注射があります。様々な製剤が販売されていますが、アラガン社のボツリヌス注射が有名ですね。ボツリヌス・トキシンを注射するとその部分の汗を3~4ヶ月間は抑えることができます。
品川美容外科・品川スキンクリニックではプチ多汗症治療(ボツリヌス・トキシン多汗症治療)という名称で治療を行なっています。

メカニズムとしてはボツリヌス・トキシンが交感神経の端からのアセチルコリンの放出を邪魔することで、汗の分泌を抑えます。この治療は所要時間5~10分程度と短く、お手軽なのが特徴です。クリニックスタッフの中でも人気が高く、受けている人も多い治療です。


※ボツリヌス・トキシンをワキの下に注入することで汗腺の働きを弱め汗の分泌を抑えられます。汗の分泌が減ることで、匂いがある程度軽減されます。
※汗腺を取り除くわけではございませんので効果は永続的なものではなく、個人差はございますが、約半年前後は汗の量を抑えることが可能です。
※女性は注射後2ヶ月は妊娠しないようにして頂き、男性は注射後3ヶ月はパートナーの方を妊娠させないようにして頂きます。

気になるワキ汗は早めの対策を!

ワキ汗のお悩みの程度は人によって様々ですが、うっかり汗ジミを作ってしまって恥ずかしい思いをしたり、逆に汗を気にしてファッションを楽しめなかったりと日常生活に憂鬱を抱えている方は多いのではないでしょうか。
美容医療をうまく使って、そういったお悩みから解放される方が一人でも増えればと思います。
品川美容外科・品川スキンクリニックでは、患者様の「こんな悩みを解消したい」というご相談に、医師がきめ細かいアドバイスを行い、患者様がよりよい毎日を送れるよう、最適な方法をご提案しています。ワキ汗が気になっている、という方は、ぜひ一度無料のカウンセリングを受けてみてくださいね。

H_thumbnail.jpg

この記事の監修ドクター

品川美容外科 品川本院
秦 真治医師

  • 日本美容外科学会会員
  • 日本美容外科学会認定 美容外科専門医(JSAS)
  • VST認定医
  • サーマクール認定医
  • ジュビダームビスタ®ボリューマXC認定医
文/品川美容スタッフ

category