鼻を高くする手術に必須の“プロテーゼ”を検証してみました!

隆鼻術やアゴ修整に用いるプロテーゼ

隆鼻術やアゴ修整の素材としてすでに一般的なプロテーゼ。医療用人工材料の進歩により、非常にソフトでより自然な感触のものが、日々開発・使用されています。

プロテーゼは、シリコンゴムで作られた人工軟骨で、現代医療で用いられるシリコンは人工血管に使用されるほど安全性が高いものです。人体に無害なのはもちろん、何十年体内に入っていても変質することなく、半永久的に使用することができます。

隆鼻術に使用する人体に無害で安全性の高いアナトミカル型プロテーゼ

スーパーナチュラル隆鼻術に使用する
アナトミカル型プロテーゼ

鼻に入れるプロテーゼ(人工軟骨)は、人体に無害で安全性の高い医療素材です。熱や湿気に大変強いため、変質することはなく、ブラックライトに反応して光ることもありません。さらに当院で使用するアナトミカル型プロテーゼは鼻の解剖学構造に限りなく近い形状をしており、自然で最高のフィット感を実現することができます。

鼻用のプロテーゼは、自然な鼻筋を実現する為に、鼻筋から鼻先にかけて実際の軟骨と同じように柔らかくなっています。さらに鼻先はもっとも柔軟な構造をしています。

  • L型プロテーゼ

    L型プロテーゼ
    (スタンダード隆鼻術/
    プレミアム隆鼻術)

  • I型プロテーゼ

    I型プロテーゼ
    (スーパーナチュラル隆鼻術)

なぜ耳骨軟骨挿入じゃないの?

鼻筋を整える方法として、耳にある耳介軟骨を挿入する方法があります。これは耳にある軟骨を取り出して鼻に入れるという方法ですが、必ずしも耳から鼻形成に適した軟骨が十分に摘出採取できるとは限りません。ですから場合によっては理想通りの鼻に整えることが難しくなります。

さらに年齢が経つにつれ、軟骨の癒着や吸収変形などが起こり、再修整が困難になるケースも考えられます。当院では、手術後のケアを考えた上で、軟骨移植ではなく、プロテーゼによる方法をおすすめしています。

耳骨軟骨挿入ではなくプロテーゼを選ぶ理由

仕上がりの自然さに差が出る
当院オリジナルプロテーゼ

当院で使用する高級プロテーゼは鼻の構造に基づいて設計・開発されたものです。一人ひとりの顔立ちや希望に応じて、数種類の形・大きさの中から最も適したものを選び、さらにそれを担当ドクターがその方の顔型に合わせオリジナル加工したプロテーゼを用いますので、仕上がりの自然さに差が出ます。

また、安定感も増しますので、術後は違和感やストレスを感じることなく生活していただけると好評です。

高級プロテーゼができるまで

  1. 自由樹脂を使用して、鼻の形が分かる顔型を取る

    自由樹脂を使用して、鼻の形が分かる顔型を取ります。約10分で自由樹脂が固まります。

    ※自由樹脂…柔らかくなり、自由に変形する樹脂

  2. 顔の形に固まった自由樹脂に石膏を流し込む

    顔の形に固まった自由樹脂に石膏を流し込みます。約10分で石膏が固まり、正確な顔型が完成します。

  3. 完成した顔型に合わせてドクターが高級プロテーゼを削る

    完成した顔型に合わせてドクターが高級プロテーゼを削り、患者様の希望に合うように、プロテーゼの形を仕上げていきます。

プチ整形による鼻の輪郭形成治療

糸による切らない隆鼻術

プロテーゼによる隆鼻術(鼻プロテーゼ)

その他の施術はこちら

※当サイトの料金は全て税抜価格表示となっております

鼻・フェイスライン 関連ページ

関連記事

>>関連記事をもっと見る