「末広型」、「平行型」、「奥二重」と種類がある二重の形。それぞれの二重を作るのに「埋没法」と「切開法」の2種類があり、どの施術が希望の二重を作るのにより適しているのかを解説しています。

末広型二重

末広型二重とは

末広型二重とは

目頭部分の二重のラインが蒙古ひだの中に収まっている二重を、一般的に「末広型二重」といいます。末広型で二重幅が狭く、二重のひだがほとんど見えないタイプの二重のことを奥二重と言いますが、どちらも二重の構造は同じです。
この末広型二重は蒙古ひだのある黄色人種特融の形で、二重まぶたの日本人の約8割が末広型二重と言われており、日本人の顔に似合うとされている二重の形です。

末広型二重に適している施術

末広型二重に適している施術

一般的にはほとんどの場合「埋没法」を用いることにより、末広型の二重を作ることができます。
埋没法は傷跡も残らず、さらに後日、二重幅を変更したい場合などにも対応しやすい施術です。また、まぶたへの負担も少ないので、ダウンタイムも切開法に比べて短くなっています。ただし、幅の広い二重を作成した場合は元に戻りやすくなる場合もあるため、そういった方には切開法をおすすめすることもあります。

こんな方におすすめ

  • 自然な二重まぶたにしたい方
  • 蒙古ひだがしっかりある方
  • 腫れなどのダウンタイムが気になる
  • 切らずに二重まぶたになりたい方

平行型二重

平行型二重とは

平行型二重とは

蒙古ひだがなく、目頭まで二重のラインが届いている、もしくは蒙古ひだが非常に小さく、蒙古ひだを乗り越えて目頭まで二重のラインが届いている二重のことを「平行型二重」といいます。蒙古ひだを持たない黄色人種以外のほとんどがこの平行型二重です。
目頭が蒙古ひだに覆われていないため、白目が末広型と比べより多く露出する形となっています。

平行型二重に適している施術

平行型二重に適している施術

蒙古ひだが張っている場合、埋没法や切開法で二重を作ると末広型の二重になりますが、蒙古ひだが発達していない場合は埋没法だけでも平行型二重になります
蒙古ひだが張っている場合には目頭切開で蒙古ひだの張りを軽減させる、もしくは埋没法や切開法で蒙古ひだを乗り越えて幅の広い二重を作作成すると、平行型の二重になります。幅の広い二重を埋没法だけで作ると元に戻りやすい場合もあるため、切開法や目頭切開との組み合わせをおすすめすることもあります。

こんな方におすすめ

  • 幅の広い二重まぶたにしたい方
  • 蒙古ひだが張っていない方
  • ダウンタイムをしっかりとれる
  • 切開法で半永久的な効果を望まれる方

切開法

二重まぶた・目もと整形のメニューはこちら

関連記事

>>関連記事をもっと見る