汗腺の種類と特徴

エクリン汗腺

エクリン汗腺は全身の皮膚に分布しており、特に腋の下や手足のひらに多くあります。分泌される汗の成分は99~99.5%が水分で残りは塩分・乳酸・カルシウム等のミネラルです。運動や暑さ等により大量の水分を分泌し体温を一定に保つ働きがあります。

アポクリン汗腺

アポクリン汗腺は主に腋の下やバスト・陰部などに分布し、分泌された汗には中性脂肪・脂肪酸・コレステロールといった脂質や鉄・色素・細胞破壊成分が含まれており、この汗が皮膚の表面や毛穴に生息する細菌による分解を受け、独特の臭いとなります。

皮脂腺

脂腺は毛穴のごく近傍に存在し、中性脂肪・脂肪酸・コレステロールといった脂質を分泌しており、分泌された脂質は細い管を通って毛穴に排泄されます。脂腺由来の分泌物には皮膚の保湿作用や殺菌作用等がありますが、臭いの原因にもなります。

ワキガ発生のメカニズム

エクリン汗腺から出る汗

エクリン汗腺から出る汗

エクリン汗腺は比較的浅い部分の皮膚に、肉眼では見えない汗を出す口を開けています。わたしたちが一般的にかいている汗は、このエクリン汗腺から出るものです。 エクリン汗腺はカラダのほとんどの部分に分布しており、この汗腺から汗をかくことによってわたしたちは体温調節を行うことができます。 成分のほとんどが水分な為「サラッとした汗」です。

アポクリン汗腺から出る汗

アポクリン汗腺というのは、皮膚の深い部分にあり、体毛に直接繋がっており、毛穴から汗を出しています。その為、体毛の多く集中しているワキの下や性器の周辺、耳の中、乳首の周辺等に多く分布しています。 アポクリン汗腺から出る汗の成分は脂質、鉄分、蛍光物質、色素等で「粘り気のある汗」が特徴です。この汗自体は臭いませんが、体外へ排出された後、細菌によって分解され独特の強いニオイを発し、これが一般的な「ワキガ臭」となります。また、エクリン汗腺とアポクリン汗腺は自律神経によりコントロールされていますので、緊張したときなどにも大量の発汗や臭いの発生をみることがあります。

思春期に気になりだすのはナゼ??

エクリン汗腺から出る汗

アポクリン腺は性ホルモンの影響を強く受けているため、中学生くらいになってから症状が始まります。遺伝する疾患ですので、父親か母親がワキガの場合には、子どもにも生じやすくなります。普通誰でもアポクリン腺を持っていますが、ワキガの方はアポクリン腺自体が大きく発達しており、その密度も高いことがわかっています。

ワキガ治療の種類と比較

超音波ハイブリッド法

手術時間 約20分
メリット(効果) プレミアム超音波サーマル法にせん除法をプラス、殆ど汗腺を残さない
(★★★★)
デメリット 殆どなし
適応症状 中程度~重度

プレミアム超音波サーマル法

手術時間 約20分
メリット(効果) 熱処理により大幅に汗腺を除去、殆ど再発しない
(★★★)
デメリット 殆どなし
適応症状 軽度~重度

レーザー法

手術時間 約20分
メリット(効果) ファイバーを挿入するため、傷が殆どできない
(★)
デメリット ファイバーが細すぎて非効率、汗腺を破壊するには熱処理が弱い
適応症状 軽度

吸引法

手術時間 約20~30分
メリット(効果) リスクが少なく、傷口も1㎝未満
(★★)
デメリット 重度のワキガの場合、効果が分かりにくく、再発しやすいと言われる
適応症状 軽度~中程度

稲葉式削除法

手術時間 約30分
メリット(効果) 切開法に比べ傷が小さくなり、手術時間も短縮された
(★★)
デメリット 直視下でないため、正確性に欠け、手術後のリスクも高い
適応症状 中程度~重度

切開法

手術時間 医師の技術による(30分~)
メリット(効果) 直視下で行うため、一番効果的と言われているが、医師の技術に左右される
(★★)
デメリット 傷口が4~5㎝、血腫ができたり、皮膚拘縮や壊死などの高いリスクがある上、高い技術を要する
適応症状 中程度~重度

プチ多汗症治療

手術時間 約5~10分
メリット(効果) 注射するだけで簡単に、比較的安価に受けられ、リスクも殆どない
(★)
デメリット 継続的な効果を得るには、定期的に治療する必要がある
適応症状 軽度

ワキガ・多汗症 関連ページ

関連記事

>>関連記事をもっと見る