しみ・シワ・たるみなどお肌のお悩みに、美容皮膚科はこちらをクリック

特集・コンテンツ

関連情報

ハレや痛みを抑えるために ハレや痛みを最小限に患者様へご負担の少ない施術を目指します。

手術やヒアルロン酸・ボツリヌストキシンのプチ注射をすると時に内出血を起こすことがあります。
ドクターの技術で、ある程度内出血の広がりを抑える事は出来ますが、残念ながらまったく出ない様に…というわけにはいきません。
そこで、実際に埋没二重術を行った場合、術後に下記のような特徴があらわれます。
術後の目を閉じた写真をご覧ください。

二重のライン上の埋没した赤い跡
その周囲にうっすら白っぽく変色した部分
向かって左側の目で紫色の内出血

赤い跡・・・埋没する時に通した針の跡です。腕に点滴をしても針を抜いた直後は針跡がありますが、それと同様なものです。日に日に薄くなってわからなくなります。

白っぽい部分・・・これはプチ注射でも見られますが、麻酔薬に含まれる薬剤(エピネフリン)の影響で起きます。麻酔が切れると共に数十分で消えていきます。

内出血・・・針が細い血管に触れ、まぶたの内側で出血すると紫色に見えます。消えるのに数日〜10日程かかります。

翌日からメイクでカバー出来ますが、やはり内出血は出ないに越したことはありません。
そこで、内出血が出にくくなるポイントを解説いたします。

まずは、処置の時に目もとに力を入れない事です。
力が入ると血管は圧も太さも大きくなるため内出血し易くなってしまいます。 痛みがあったり、緊張が強いとどうしても力が入ってしまいます。そんな時は「先生、痛い!ちょっと待って!」と気軽におっしゃってくださいね。麻酔を足したり、時間を空けたりしながら、なるべく力が入らないように工夫しながら行っていきます。

緊張が和らぐように笑気という麻酔ガスを吸ってリラックスするのもお勧めです。
麻酔の注射もたくさん入れると腫れは強くなります。もちろん専門の麻酔医が入れ過ぎないように注意して行います。
太い針だと出血し易くなりますので、なるべく細い針を使うというのもポイントです。
さらに、回復促進のために同時に疲労回復注射をされる方も多いです。

まったく内出血無しで、とは必ずしもいきませんが、なるべく出ないよう工夫しながら施術を行わせていただきたいと思います。これからも、患者様にご負担が最小限になるよう、リラックスしてお受けいただけるよう取り組んでまいります。

安心安全な麻酔システム

  • 品川美容外科の安心保障制度。私たちは施術前の患者様の不安の解消と施術後の経過ケアをじゅうぶんに行います。詳細へ。
    施術前の不安を解消します!品川美容外科の安心保障制度一覧

ご予約・ご相談はこちら 通話料無料 土日祝もOK

  • WEB予約
  • メール相談
  • 0120-189-900 予約受付時間10:00~22:00

当サイトの医師監修について

品川美容外科には様々な科目の専門医・医学博士が在籍しています

品川美容外科には日本美容外科学会(JSAS)専門医、医学博士をはじめ、日本美容外科学会会員、日本美容外科医師会会員、麻酔科標榜医、日本麻酔科学会指導医、日本麻酔科学会専門医、日本救急医学会ICLS認定医、日本形成外科学会会員、日本熱傷学会会員、日本創傷治癒学会会員、日本脳神経外科学会会員、日本眼科手術学会会員、日本抗加齢医学会専門医、日本マイクロサージャリー学会会員、日本肥満学会会員、日本レーザー医学会会員など様々な科目の専門医等が在籍しています。

また2018年の第106回日本美容外科学会では当院理事長が学会長を務め、その他にも定期的な研修や勉強会を開催し、医療技術の向上に努めています。美容外科学会の詳細や研修・勉強会情報についてはこちらをご覧ください。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を遵守し、当ページは医師免許を持った品川美容外科の医師監修のもと掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について詳しくはこちら、当院の在籍医師(日本美容外科学会会員医師)一覧はこちらをご覧ください。

おすすめコンテンツ