当院では消費税改正後も患者様にご負担いただく金額は変わりません ※一部メニューは除く

フリーワードで探す

しみ・シワ・たるみなどお肌のお悩みに、美容皮膚科はこちらをクリック

診療項目一覧

お顔

お肌

ボディ

その他

特集・コンテンツ

その他コンテンツ

関連情報

Beauty Members Club会員特典でいつでもお得な価格に!!

豊胸術まめ知識 人工乳腺バッグによる豊胸手術

ハリのある理想的なラインを実現する豊胸手術!
人工乳腺バッグ プリンセスバスト

●大胸筋下法と乳腺下法 〜患者様それぞれに最も適した方法をご提案いたします〜

人工乳腺バッグによる豊胸手術の場合、乳腺下法と大胸筋下法の2つの方法があります。
乳腺下法・・・ 乳腺の下の部分にバッグを入れるため、浅い部分にバッグが入っている状態となります。
大胸筋下法・・・ 大胸筋の下の部分にバッグを入れることで、深い部分にバッグが入っている状態になるため、バッグが分かりにくくなります。
多くの患者さまに大胸筋下法をおすすめしております。但し、大胸筋下法は垂れたバストの方にはあまり適しておりません。その様な場合は乳腺下法をおすすめしております。
大胸筋下法イラスト
大胸筋下法 〜胸がほとんどない・理想のバストを手に入れたい〜
 
人工乳腺バッグを皮膚の下ではなく、胸の筋肉(大胸筋)の下に挿入します。これは乳腺に触れない安全な方法です。この大胸筋下法は高度な技術が必要で、当院では美容外科のトップドクターが行っております。
繊細な技術により、仕上がりが自然でバッグが入っているのが分かりにくい方法です。

※ バストが小さい方に適しています
乳腺下法イラスト
乳腺下法 〜今のバストはB~Cカップくらいだけどもっと大きくしたい〜
 
人工乳腺バッグを乳腺の下、大胸筋の上に挿入する方法です。乳腺を傷つけずに安全に挿入していきますので、出産後の授乳等にも影響はありません。感触がとてもやわらかく自然な仕上がりです。
※ バストが比較的大きい方、またはバストが垂れ下がっているといった方に適した方法です

●ラウンド型とアナトミカル型 〜人工乳腺バッグの形状〜

人工乳腺バッグの形には、大きく分けてラウンド型とアナトミカル型があります。 ラウンド型は丸く、アナトミカル型は涙型のような形をしています。
ラウンド型イラスト「ラウンド型は日本人の体型に最も適した形です」
ラウンド型は、寝たときも横に体積が広がるため自然な感じです。どのような動きにも自在に対応します。
アナトミカル型イラスト 「アナトミカル型は欧米人や比較的バストの大きい方に適しています」
アナトミカル(涙型)型バッグはバストの下側にボリュームがでるようになっています。日本人の場合、上半分のボリュームがない方が多いので、この形のバッグを入れることによって下半分のみが大きくなり、垂れたバストを強調する事になります。
またバッグが内部で回転したりすると大きく変形してしまう場合があります。しかし、もともとバストの大きさがある方には適する場合もあります。
次ページへ

豊胸・バストアップの一覧

関連記事

>>関連記事をもっと見る

  • 品川美容外科の安心保障制度。私たちは施術前の患者様の不安の解消と施術後の経過ケアをじゅうぶんに行います。詳細へ。
    施術前の不安を解消します!品川美容外科の安心保障制度一覧

ご予約・ご相談はこちら 通話料無料 土日祝もOK

  • WEB予約
  • メール相談
  • 0120-189-900 予約受付時間10:00~22:00
消費税改正に伴うご案内 当院では2019年10月の消費税改正後も患者様にご負担いただく金額は変わりません

※ただし一部メニューは除きます。詳細はお問い合わせください