Search
フリーワードで探す
Category
カテゴリー
Weekly Ranking
ランキング

トラネキサム酸の美白効果や副作用について

66_1

肝斑の改善効果などで注目されているトラネキサム酸。では、トラネキサム酸とは、具体的にはどんな成分なのでしょうか?摂取方法や副作用はどのようなものがあるのでしょうか?

厚生労働省が美白効果を認めた成分 トラネキサム酸

66_2

トラネキサム酸は、人口的に合成されたアミノ酸の一種です。もともと医療の現場では、トラネキサム酸は炎症やアレルギーを抑える効果があるため、湿疹やじんましんなどの治療や止血のために使用されていました。2002年に、厚生労働省から美白効果のある成分と認められました。

医療機関で処方されるのは「トランサミン」という医薬品で、ジェネリック医薬品もいくつか出ています。シミの治療薬や、化粧品等に、幅広く使用されています。

そばかす、肝斑、炎症後色素沈着に…トラネキサム酸の効果

66_3

トラネキサム酸には、シミの原因になるメラニン色素の生成を抑える作用、炎症を抑える作用があり、これにより美白効果が期待できます。具体的には、そばかすや肝斑、老人性色素斑、傷などの炎症後色素沈着といったシミに効果があるといわれています。では、どんなメカニズムなのかをみていきましょう。

まず、メラニン色素の生成を抑えるメカニズムについてご説明しましょう。

66_4

紫外線を浴びると、シミの原因であるメラニン色素を作らせる指令が「メラノサイト」という細胞に出されます。トラネキサム酸は、メラニン色素生成に関わる「プロスタグランジン」などの物質の働きを抑え、シミを予防します。

66_5

次に炎症を抑えるメカニズムについてです。

血液が固まるのを防ぐ「プラスミン」という物質がありますが、トラネキサム酸はこの働きを抑えます。これを「抗プラスミン作用」といい、止血剤に利用されています。

このプラスミンは炎症反応やアレルギーにも関わっているため、トラネキサム酸がその働きを弱めることで、炎症反応やアレルギーをおさえることができます。

このような作用があるため、湿疹やじん麻疹などの症状がある場合にトラネキサム酸は、処方されています。また、メラニン色素が生成される前にメラノサイトの活性化を予防する働きがあるので、皮膚科ではシミの治療にも応用されています。

服薬で?化粧品で?トラネキサム酸の摂取方法

66_6

前述したように、トラネキサム酸は止血効果があるので、摂取することで、血液が固まりやすくなる可能性があります。化粧品などで肌から取り入れた場合は、血液に入っていく量も少ないので、血液が固まりやすくなるリスクは低くなります。

錠剤などで服薬する場合は、医師や薬剤師に必ず相談する必要があります。リスクの点から考えると、化粧品で取り入れたほうが安全性は高いといえるでしょう。

当てはまる人は注意して!トラネキサム酸摂取の留意点

66_7

ここまでご説明してきたように、とくに服薬される場合には、トラネキサム酸は、血液を固まりやすくする作用があるため、心筋梗塞、脳梗塞、血栓性静脈炎などの病気のある方は注意が必要です。

副作用は比較的少ないといわれていますが、食欲不振、胸やけ、嘔吐などの症状があらわれることもあります。前述したような病気の方や、妊娠中・授乳中の方の場合は、化粧品を使う場合、服薬する場合ともに、医師に相談し、指示に従ったうえで摂取することが必要です。

▼トラネキサム酸の処方のご相談はこちら▼

67_3

トラネキサム酸:まとめ

  • トラネキサム酸はもともと医療の現場で、炎症やアレルギーを抑えるため、湿疹やじんましんなどの炎症の治療や止血に使用されていた成分である
  • 現在はシミの治療薬、化粧品などの商品として幅広く使用されている
  • シミの原因になるメラニン色素の生成を抑える作用、炎症を抑える作用があり、これによって美白効果がある
  • そばかすや肝斑、老人性色素斑、傷などの炎症後色素沈着など、シミに効果がある
  • トラネキサム酸のメラニン色素生成を抑え、シミを予防するメカニズムは、「プロスタグランジン」などの物質の働きを抑えるためである
  • トラネキサム酸は、血液が固まるのを防ぐプラスミンという物質の働きを抑える作用があり、これを「抗プラスミン作用」という
  • トラネキサム酸の炎症を抑え、シミを予防するメカニズムは、メラニン色素が生成される前にメラノサイトの活性化を予防するためである
  • トラネキサム酸は止血剤にもなっているものなので、摂取することで、血液が固まりやすくなる可能性がある
  • 化粧品などで肌から取り入れた場合は、血液に入っていく量も少ないので、血液が固まりやすくなるリスクは低くなる
  • 服薬する場合は、医師や薬剤師に必ず相談が必要であり、化粧品で取り入れたほうが安全性は高い
  • とくに服薬される場合は、血液を固まりやすくする作用があるため、心筋梗塞、脳梗塞、血栓性静脈炎などの病気のある方は注意が必要である
  • 副作用は比較的少ないといわれているが、食欲不振、胸やけ、嘔吐などの症状があらわれることもあるので注意が必要

投稿記事一覧

もっと読む
  • 2017年医療機関アワードで美容外科部門最優秀賞を受賞しました
  • 安心保証制度
    施術前の不安を解消します!品川美容外科の安心保障制度一覧