Search
フリーワードで探す
Category
カテゴリー
Weekly Ranking
ランキング

寒さが老け顔の原因に!?「顔の冷え」にはご用心!

01_shutterstock_137253656

ぐっと冷え込む日が続くと、気になってくる体の「冷え」。皆さんは、どんな「冷え」対策をとっていますか?実は、常に「冷え」ていると、老化が進んでしまうかもしれないんです!

「冷え」が顔を老けさせる!?まずはメカニズムを知ろう

01_shutterstock_137253656

女性は特に、冬は手足が冷たくてつらい…、という方も多いのではないでしょうか。体の末端が冷たく、血行が悪い状態になってしまうというのは、典型的な「冷え」の症状の1つです。

でも、実際に冷えているのは手足だけではないって知っていましたか?実は、冷えのメカニズムを知るには、まず私たちの体を流れる血管について知る必要があります。

意外と知らない、「血管」のこと

「冷え」が続くと、どんなことが起こるの?体を流れる血液の通り道、血管。成人の体に張り巡らされている血管は約10万kmで、地球を2周半できるほどの長さがあります。その内の95%は毛細血管です。

体の中で1番太い血管は胸部大動脈で、直径が25~30 mmくらいですが、毛細血管の直径は何と8~20μm。一番太い血管の約3750分の1しかありません。髪の毛よりも細く、目には見えません。直径7~8μmの赤血球がやっと通る事ができる程度です。

血液の主な役割は、体を構成している細胞の活動を維持するために、酸素や栄養分を動脈を通して細胞に送ること、代謝によって排出された二酸化炭素や老廃物を静脈を介して回収することの2つです。また、病原体などの異物が体内に侵入してきた時に、それらと戦う免疫機能も備えています。そのため、毛細血管は体の隅々まで行き渡っているのです。

01_shutterstock_137253656

寒いと手足が冷えてしまうのはなぜ?

人間が代謝を一番効率的に行う事ができる温度は酵素活性が最も高い37℃です。そのため、脳や内臓などの大切な臓器が集まっている体の中心部は37℃に保たれています。外気温が低くなると、体の中心部の体温を保つために体表近くにある毛細血管は収縮し、体内の熱が逃げるのを防ごうとします。

そのため、手足など内臓から遠い部分や表皮の血流が低下し、血色が悪く、冷たい状態になります。これが「冷え」です。これは顔にも起こりますので、寒い時に顔が青白く見えるのはこのためです。体の中心部を温めようとした結果、末端や表皮が冷たくなってしまうんですね。

「冷え」が続くと、どんなことが起こるの?

手足や表皮に血液が十分に行かなくなるという事は、表皮の元になる基底細胞に栄養や酸素が届かなくなるという事です。そうすると新しい細胞が生まれにくくなります。結果、老廃物の回収が間に合わずにたまってしまい、お肌のターンオーバーが上手くいかなくなります。

垢として落ちるべき古い細胞が長い間付いたままになってしまうので、くすみ、肌荒れなどのトラブルの原因となりますし、メラニン色素を含んだ角質が剥がれ落ちないと、シミとなってしまいます。シミ、くすみ、肌荒れが起こっている肌は、実際の年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。最近顔色がパッとしない…という方は、この「顔の冷え」が原因かもしれません。

くすみ、肌荒れを引き起こす「顔の冷え」を防ぐには?

01_shutterstock_137253656

冷えはすなわち血行不良ですので、根本的に治すには血行の良い体に変える必要があります。体の内側からのケアとしては、生姜やカボチャなどの体を温める食品を積極的に摂ったり、極端な偏食を避けて3食きちんと食べる事などで血液の循環を良くする事ができます。

また、筋肉は体内の熱産生の約6割を占めている器官であり、収縮に伴って熱を産生しています。中でもふくらはぎの筋肉は心臓だけでは賄えない血流を促すポンプの役割をしているので、軽い運動で筋肉を動かす事により、心臓から遠い足の静脈血が心臓に戻るのを助け、血液の循環を良くします。これらに加えてしっかりと睡眠時間を取ったり、ストレスがたまらない生活をするなど、日常の生活スタイルの見直しを行わないと改善は出来ません。

乾燥や肌荒れ、シミにもつながる!?自己流ケアより専門医に相談を!

01_shutterstock_137253656

肌のターンオーバーの周期は20代で平均28日とされていますが、人によっても違いますし、年齢を重ねるごとに長くなっていきます。一般的に、ターンオーバーが遅くなる事は老化のはじまりとして問題視されますが、実際は早すぎても遅すぎてもいけません。

肌の表面は角層で覆われています。顔の場合角層細胞が10層ほど重なっており、その間はセラミドなどの細胞間脂質で満たされています。角層細胞は表皮の基底細胞が分裂する事から発生し、有棘細胞、顆粒細胞と分化した後に成熟した角層細胞となりますが、その一連の流れの中で天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質などの肌の潤いを保つ因子が作り出されます。

ターンオーバーが早すぎると十分な量のNMFや細胞間脂質が作られませんし、未熟な角層細胞が表面に出てきてしまうため、外部の刺激から体を守るバリア機能や水分保持という角層本来の役割を果たす事ができなくなります。

このような状態が続くと、乾燥や肌荒れを起こしたり、シミができやすくなってしまうのです。その状態で自己流のスキンケアを行うと肌に負担がかかり、かえって状態が悪くなってしまうかもしれません。冷えによる血行障害が原因で肌に出てくる症状は人それぞれです。

その人の症状を見極め、それにあった治療を行うにはやはり皮膚科医、美容皮膚科医の力を借りるのが一番でしょう。それと同時に日々の生活習慣を見直していけば、きっと寒い冬もモチモチの肌で過ごせますね。ライターMでした!

ライター M m

文/品川美容外科 美容スタッフ

投稿記事一覧

もっと読む
  • 品川美容外科の安心保障制度。私たちは施術前の患者様の不安の解消と施術後の経過ケアをじゅうぶんに行います。詳細へ。
    施術前の不安を解消します!品川美容外科の安心保障制度一覧

患者様の悩みや不安を取り除くことが私達のモットーです。土日・祝日対応、携帯・PHSからもOK。全国共通フリーダイヤル。全国共通ご予約・ご相談はこちら10:00~22:00 Tel:0120-189-900
無料カウンセリング予約。ご相談、医師による診察は何度でも無料。
お近くのクリニックを探す。全国25院にて診察中ご希望のエリアからお近くのクリニックをお選びください。
メール無料相談。お忙しい方や一人でお悩み野の方、まずはメールでご相談ください。