Search
フリーワードで探す
Category
カテゴリー
Weekly Ranking
ランキング

日本人女性の10人に1人は豊胸したい?バストの悩みアンケート

65-1

日本人女性はバストに対してどのような理想やお悩みをもっているのでしょうか?美容外科、美容皮膚科、エステ等に通ったことのある20~40代の女性に対して、豊胸に対して、どのような意識を持っているか調査を行いました。

6割以上の方が「バストの悩み」を抱えている

71_1

バストについてのお悩みについて質問したところ、7割近くの方がバストについて悩みを抱えているという結果になりました。
バストは、女性の象徴とも言われるだけに、皆さん様々な悩みを抱えているようです。具体的な悩みとしては、サイズが小さい、左右のバランスが悪い、といった、サイズや形に関するものが多く占めました。また、年をとるごとに垂れ下がってきた、産後にしぼんでしまったといった、自分では回避しにくい悩みも見受けられました。

理想のバストはC〜Dが多数派!

71_1

続いて、理想のバストサイズについて聞いてみました。
結果はCカップが45%、Dカップが32%と、CとDカップだけで、80%近くを占める結果となりました。
理由として挙げられたのは、大きすぎず小さすぎず、丁度よく、一番きれいに見えるサイズであるという意見が目立ちました。

AカップやBカップだと、人目を気にしてしまうという意見や、大きすぎるとかえって肩こりや汗疹がひどくなるというネガティブな理由、また、見た目のバランスも良いことで、洋服も既製品でスタイル良く着こなせそう、胸元の空いた洋服や水着を自信を持って着れるといった、ファッションを楽しめるという理由を挙げる方もいました。

女性は常に美に関心を抱いています。バストのサイズ一つとっても、これだけ多くの方が女性がこだわりを持っているということからも、女性にとって美の追求とは健康的な美しいボディラインを追求することと、言い換えることができるかもしれません。

10人に1人は「豊胸したい」と考えている?

71_1

続いて、豊胸について聞いてみました。
興味がない、もしくは、やってみたくないと答えた方が、9割近くという結果になった一方で、興味がある、やってみたいという方は合わせて11%と、1割を超えた数字になりました。

やってみたくないと答えた方の理由としては、手術してまでは大きくする必要はない、メスを入れる事に抵抗があるという点です。さらには、アフターケアが大変そうなど、手術というものに対しての「大変そう」と言うイメージが、そのまま豊胸手術への関心を削ぐ結果となっているようです。

意外と知らない、バストアップの方法

71_1

続いて、バストアップの方法についてどのような方法を知っているのか聞いてみました。
外科的手術での豊胸が5割近くと、豊胸手術=外科手術というイメージがあることが伺えます。運動(ストレッチ・マッサージ・バストアップ体操など)を挙げる方もいました。ただ、運動は胸の筋肉を鍛えることで加齢などによるバストの形の崩れを防ぐことができますが、バストの形を整えるだけでバストのサイズアップは難しそうです。

実は色々。あなたの「豊胸」のイメージは?

71_1

豊胸やバストアップのためにやってみたいことを聞いてみたところ、やりたくないと答えた方が6割を超えました。これは、どのような豊胸にどのくらい効果があるのかという情報が不足していると捉えることもできます。
前のデータでもわかるように、豊胸=手術、痛そう、怖いというイメージが深く浸透しているようです。現在では、注射だけでできる手軽な豊胸が主流となっています。サプリメントやクリームなどのセルフケアを挙げた方も2割以上いましたが、これらではしっかりとした効果が期待できない場合もあります。正しい情報を得て、コンプレックスを解消するのも1つの手段ではないでしょうか。

バストアップできるなら…予算は30,000円以内が多数派

71_1

これまで豊胸にかけた、またはかけても良いと思う金額を尋ねたところ、30,000円以内という方が、90%近くという結果になりました。
自分のバストにコンプレックスを感じながらも、そこまで高いお金はかけたくない、という方が大半なようです。しかし、100,000円以上という答えも2%程度あり、これは実際の施術のことをよく知っている方と考えられそうです。

お金をかけないバストアップなら、筋トレ&食生活の改善を

71_1

では、お金をかけずにバストを綺麗に見せる方法はあるのでしょうか。
バストは、90%が脂肪によってできています。胸にある大胸筋という筋肉を鍛えることで、加齢によってこの脂肪が垂れてくることを防ぎ、バストを上向きの状態に保つことができます。腕立て伏せや仰向けの状態でのダンベルプレスなどが有効です。筋トレではバストの形を良くすることは可能ですが、大きくするためには食生活の改善も必要です。

具体的には、タンパク質を摂取すること。肉、魚、牛乳、チーズや大豆、納豆などです。タンパク質を摂ることによって、女性ホルモンの分泌が活性化されて、バストアップに繋がると言われています。

ただし、筋トレや食事によるバストアップのデメリットは時間がかかるという点と、やり方を間違えたりすると、人によってはあまり効果が出ないということもあるようです。

豊胸治療も一つの選択肢。正しい知識で選ぶことが大切

71_1

豊胸手術といえばシリコンやバッグの挿入、というイメージはまだ根強いようですが、最近の豊胸治療ではメスを入れない注入タイプの豊胸術に人気が集まっています。
特に人気なのがヒアルロン酸をバストに注入する方法、外科手術を必要とする豊胸術に比べてダウンタイムがほとんどないことがメリットです。また、単純にバストサイズをアップする目的のほかに、左右のバストのサイズを整え流といったより審美的な観点からの施術も可能です。

品川スキンクリニック表参道院院長で、美容外科医・美容皮膚科医・コスメコンシェルジュの石橋医師に最近人気の豊胸術について教えてもらいました。

アイコン 品川スキンクリニック 表参道院の石橋 正太(いしばし しょうた) です。
バストを大きくしたいだけでなく、ふっくらとハリを与えたい方にもおすすめなのがヒアルロン酸注入によるバストアップです。
ヒアルロン酸はもともと体内にある成分ですので、注入するだけで、デコルテラインにハリを与え、バストトップの位置を高くすることが手軽に安全に実現できます。
また少しずつ注入することで、自然にバストをボリュームアップすることもできるので、サイズアップだけではなく、エイジングケアとしても自由にバストのデザインができるのもこの施術の魅力のひとつです。
これ以外にも、注入による豊胸、人工乳腺バッグによる豊胸、ご自身の脂肪等を注入する豊胸など、患者様のご要望やご予算に合わせた様々な豊胸術をご用意していますので、お気軽にご相談にいらしてください。
豊富な症例から、あなたにあった豊胸術をご提案します。

カウンセリングは何度でも無料です。お近くのクリニックへお気軽にお問い合わせください。

67_3

※データは2016年5月 Woman&Crowdの調査によるものです。

投稿記事一覧

もっと読む
  • 医療機関アワード2017 美容外科最優秀賞 受賞!「医療機関アワード」は、患者満足度調査に基づいた表彰制度です。
    2017年医療機関アワードで美容外科部門最優秀賞を受賞しました
  • 品川美容外科の安心保障制度。私たちは施術前の患者様の不安の解消と施術後の経過ケアをじゅうぶんに行います。詳細へ。
    施術前の不安を解消します!品川美容外科の安心保障制度一覧
  • ありがとうの感謝をこめて 品川グループ30周年 特別記念企画のご案内 詳しくはこちら

患者様の悩みや不安を取り除くことが私達のモットーです。土日・祝日対応、携帯・PHSからもOK。全国共通フリーダイヤル。全国共通ご予約・ご相談はこちら10:00~22:00 Tel:0120-189-900
無料カウンセリング予約。ご相談、医師による診察は何度でも無料。
お近くのクリニックを探す。全国25院にて診察中ご希望のエリアからお近くのクリニックをお選びください。
メール無料相談。お忙しい方や一人でお悩み野の方、まずはメールでご相談ください。