Search
フリーワードで探す
Category
カテゴリー
Weekly Ranking
ランキング

たらこ唇を治す方法は?厚い唇の原因と薄く小さくする方法【医師監修】

  • Twitterでツイート
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
和田哲行医師監修

唇の形は「アヒル口」に「ボリューミーなセクシーリップ」、「タラコ唇」など様々な表現がされます。唇は、まさにその印象がキャラクターを特徴づける部位といっても過言ではありません。
ふっくらとした厚い唇は女性らしい印象を与えますが、分厚すぎる唇、たらこ唇でお悩みの方もいらっしゃいます。また、こういったお悩みは女性のみならず、男性にも多いようです。

顔に関するコンプレックスは人それぞれありますが、今回は厚い唇を薄くする方法についてご紹介します。

よくある厚い唇のお悩み

口を手で押さえる女性

厚い唇にお悩みで相談にお越しになる方のリクエストとして多いのが次の3つです。

・厚ぼったい唇、たらこ唇が気になるから薄くしたい
・唇が目立つので、薄くしてバランスを整えたい
・下唇だけ厚いなど上下のバランスが悪いので整えたい

世間ではふっくらとした唇が良いとされていますが、本人にとっては嫌だと感じる方もいるようです。以前、ある患者さんが「笑うときにいつも手で口を隠している」とおっしゃっていました。これはコンプレックスからくる習慣でしょう。

くちびるが厚くなる原因は?

唇

唇が厚くなる原因はいくつかありますが、「慢性」と「一過性」に分かれます。

遺伝的要因によるもの(慢性)

唇の厚みは元々の遺伝の可能性が高く、生活習慣の見直しでの改善は難しいと言えます。
このタイプの方で唇の悩みを解消したい方は形成外科もしくは美容外科に相談することをおすすめします。

歯並びによるもの(慢性)

きれいな歯並びの場合は厚い唇にはなりませんが、前歯の突出によって上唇が前歯に突き出される形になるので、粘膜が普通よりも露出してしまい厚い唇になってしまいます。歯が上唇を押し出しているという感じです。上唇が厚い人は歯科矯正をすると気にならなくなるケースもあります。

アレルギーによるもの(一過性)

唇は粘膜部分なので繊細です。今まで使用したことのない化粧品などを使い始め、急に唇が腫れて厚くなったという場合は、唇に接触した成分がアレルギーを起こしている可能性があります。化粧品やリップクリームを変えて急に症状が出た場合は使用を控えるようにしましょう。

口唇炎によるもの(一過性)

唇が赤く腫れ上がって唇がカサカサになり、ひどい場合は出血することもあります。
全体的に腫れたり、部分的に腫れたりとタイプはさまざまです。おもに乾燥やビタミン不足が原因とされているので、普段の生活を見直すことで改善できます。
口唇炎の場合は接触すると症状が悪化する場合がありますので、ワセリンなどを塗って乾燥しないようにし、あまり気にして触らないようにしておきましょう。腫れやかゆみが強い場合は、病院で受診するとステロイドなどの塗り薬が処方される場合もあります。

厚い唇の解消法は?

唇の写真を持つ女性

慢性的な要素、つまり遺伝による唇の厚さに悩んでいる場合は、形成外科や美容外科で「唇を薄くする手術」=「口唇縮小術にてナチュラルに唇を薄くする方法があります。

まず、上下の唇の内側の粘膜部分を切除して整えます。
その後は髪の毛より細い糸を使用し、唇の粘膜の部分を縫い縮めて手術は終了です。
下唇だけが気になる、上唇だけ気になる場合はどちらかを切除するか、上と下のバランスで切除する量を変えるなどします。

image61

手術時間は30~50分程度で、術後5~7日間に抜糸に来ていただきます。その後はご自宅で唇の消毒をしていただくことになりますので、通院は手術+抜糸の2回で終了です。

唇の内側を縫い合わせますので傷口は目立ちにくいですが、口を開けると糸が見えるため、抜糸まではマスクを着用していただくと良いでしょう。
唇は粘膜で、元々赤みがある部分なので、傷跡は最終的にはほとんど分からないくらいになります。

唇を薄くする施術の症例写真

405_04
唇を薄く:唇の厚い部分を切除して縫い合わせる施術 84,000円~209,990円
【副作用・リスク】腫れ:1週間位 痛み:2~3日位、内出血:1~2週間位
通院:1週間後(抜糸)と1ヶ月後(経過観察)Tel: 0120-175-600

この方は20代の女性で、唇を薄くしたいとのご希望で来院されました。
診察してみると、上の唇の真ん中の部分が厚く見える形でした。その部分を整えて、下の唇もバランス良く薄くする方針としました。

唇の厚さや大きさは顔のバランスを見て決めます。
また、患者さんの将来のためにも「傷がわからないようにするにはどうするか?」を考えて施術に臨みます。

和田医師

施術後は、唇のコンプレックスから解消されて「明るく」「前向きに」日々を過ごしていただけると思いますし、それを願っています。
美容医療は、「コンプレックスから解放される」「前向きに生きる」など、心のケアも行えます。
僕はそんな患者さんにたくさん出会う中で、自分自身も逆に元気をもらっています。

この記事の監修医

  【監修】和田 哲行医師
品川美容外科 渋谷院院長
杏林大学医学部
日本美容外科学会会員
日本美容外科学会認定 美容外科専門医(JSAS)
VST認定医
ベイザー脂肪吸引認定医
サーマクール認定医
ジュビダームビスタ®認定医
ジュビダームビスタ®ボリューマXC認定医
ジュビダームビスタ®ボリフトXC認定医

監修・文/和田 哲行

    関連キーワード

投稿記事一覧

もっと読む
  • 品川美容外科の安心保障制度。私たちは施術前の患者様の不安の解消と施術後の経過ケアをじゅうぶんに行います。詳細へ。
    施術前の不安を解消します!品川美容外科の安心保障制度一覧

ご予約・ご相談はこちら 通話料無料 土日祝もOK

  • WEB予約
  • メール相談
  • 0120-189-900 予約受付時間10:00~22:00

当サイトの医師監修について

品川美容外科には様々な科目の専門医・医学博士が在籍しています

品川美容外科には日本美容外科学会(JSAS)専門医、医学博士をはじめ、日本美容外科学会会員、日本美容外科医師会会員、麻酔科標榜医、日本麻酔科学会指導医、日本麻酔科学会専門医、日本救急医学会ICLS認定医、日本形成外科学会会員、日本熱傷学会会員、日本創傷治癒学会会員、日本脳神経外科学会会員、日本眼科手術学会会員、日本抗加齢医学会専門医、日本マイクロサージャリー学会会員、日本肥満学会会員、日本レーザー医学会会員など様々な科目の専門医等が在籍しています。

また2018年の第106回日本美容外科学会では当院理事長が学会長を務め、その他にも定期的な研修や勉強会を開催し、医療技術の向上に努めています。美容外科学会の詳細や研修・勉強会情報についてはこちらをご覧ください。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を遵守し、当ページは医師免許を持った品川美容外科の医師監修のもと掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について詳しくはこちら、当院の在籍医師(日本美容外科学会会員医師)一覧はこちらをご覧ください。

おすすめコンテンツ