Search
フリーワードで探す
Category
カテゴリー
Weekly Ranking
ランキング

脂肪溶解注射で小顔、部分痩せ!脂肪吸引との違いは?

脂肪溶解注射で小顔、部分痩せ!脂肪吸引との違いは?

頬や顎(あご)、お腹や二の腕などにいつの間にかついてしまった脂肪。何とかしたいとお悩みの女性は多いと思います。
その脂肪を溶かすことができる…そんな夢のような話が現実のものになっています。一体どのような方法なのでしょうか。

体脂肪の役割とは?

体脂肪の役割とは?

身体の脂肪は邪魔なものと感じるかもしれませんが、実は大事な役割があります。
脂肪細胞は、正常な月経を維持するために必要なホルモンなどを作り出しています。また、エネルギー源を貯めて体温を保つ、外部からの衝撃に対するクッションとして内臓を守るといった役割も担っています。
そのため、体脂肪が極端に不足すると、ホルモンの分泌異常を起こして体調不良になり、皮膚や髪の毛のツヤやハリも失ってしまいます。

とはいえ、あればあるほどよい…というわけでもありません。体脂肪(とくに内臓脂肪)が過剰に溜まると、高血圧や高脂血症、糖尿病など生活習慣病の発症や悪化に影響してしまいます。
もちろん、こうした機能的な問題だけではなく、見た目を気にして体脂肪を減らしたいと思う人も多いでしょう。

2つの体脂肪

2つの体脂肪

体脂肪には「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の2種類があります。後述する脂肪溶解注射でアプローチできるのは「皮下脂肪」の方です。

内臓脂肪

腹腔内につく脂肪で、その多くは腸間膜に溜まっていきます。
内臓脂肪の多い人は「りんご型肥満」という体型になりますが、これは男性に多く見られます。短期間で蓄積されやすく、逆に落としやすいという特徴を持っています。

内臓脂肪のつく原因には、食生活が大きくかかわっています。運動をしない、飲み会などの機会が多い、ファストフードやコンビニ弁当などを食べることが多い…といった食習慣を続けていると、内臓脂肪が蓄積されやすくなります。

皮下脂肪

皮膚のすぐ下にあり、つまめる脂肪です。皮下脂肪は下腹部やお尻、太ももなどにつくことが多く、少しずつ蓄積されていきます。
女性の方が蓄積されやすく、皮下脂肪が多い体型は主に腰から下がふくらんで見えるため「洋ナシ型肥満」と呼ばれています。

皮下脂肪のつく原因は、運動不足とカロリーの過剰摂取です。消費カロリーよりも摂取カロリーが多い食生活が続くと、脂肪が蓄積されていきます。たくさん食べても運動などをしてカロリーを消費していれば問題ありませんが、運動不足が蓄積を助長しているケースが多く見受けられます。また、女性は授乳期などの蓄えとして皮下脂肪を貯める働きを持っていますので、皮下脂肪がつきやすい体質といえます。

脂肪溶解注射とは

脂肪溶解注射とは

体脂肪を減らすために、運動や食事制限などをするのはちょっと大変…と躊躇する人は多いと思います。かといって、脂肪吸引など身体にメスを入れる方法まではしたくない…そのような方に適しているのが「脂肪溶解注射」です。

脂肪溶解注射は、メスを使わずに、二重あごなど痩せたい部分の皮膚内に極細の注射針で有効成分を注入して、皮下脂肪を減少させる方法です。
注入した薬剤や溶けだした脂肪組織は体内に溜まらず、血中から尿や汗、便となって自然に体外へと排出されます。他の部位に影響を与えないで、部分的に皮下脂肪を減らしていけるというメリットがあります。
施術時間はおよそ20分程度です(※処置部位によって異なります)。身体への負担が少なくダウンタイムも短いのが特徴で、比較的リスクが低い痩身法と言えるでしょう。

1日脂肪取り® 顔やせ

1日脂肪取り® 顔やせは、脂肪溶解注射による小顔・顔やせ・顎(あご)やせの治療です。
お顔の脂肪が気になる箇所に直接薬剤を注入し、脂肪細胞を減少させることができるのでダイエットなどでは痩せにくいホホ・あご下の脂肪を減らすことができます。また、脂肪細胞そのものを減らすためリバウンドが起きにくいメニューです。

272_07
施術名:1日脂肪取り® 顔やせ 料金:632,000円(80cc×2)
施術の説明:注射で脂肪を溶解・排出する小顔術 副作用・リスク:ハレ:注入時少しふくらみ 内出血:出る場合あり お問い合わせ:0120-713-900
17万症例突破 1日脂肪取り® 顔やせ 頬の脂肪・二重アゴを注射でスッキリ!1cc3,950円

エバー・スリム®最新1日脂肪取り スリム・プログラム®

エバー・スリム®最新1日脂肪取り スリム・プログラム®は、注射により脂肪細胞を分解・溶解し、尿や汗とともに排出することで「脂肪細胞の数そのものを減少」させる治療です。お腹、二の腕、太ももなど気になる部位に注入することでスリムなボディへと導きます。
注射で皮下脂肪を減少させるとともに、医師のオリジナルプログラムにより治療後もスリム体型を維持し、太りにくい身体を作るためのサポートをいたします。

272_08
施術名:エバー・スリム®最新1日脂肪取り スリム・プログラム® 値段:48,000円~336,000円
施術の説明:脂肪を溶解・排出する注射と生活習慣改善プログラムによる痩身術 副作用・リスク:ハレ・内出血:出る場合あり お問い合わせ:0120-713-900
気になる脂肪なかったことに!脂肪溶解注射エバースリム®1cc2,400円

脂肪吸引との違いは?

脂肪吸引との違いは?

もっとも大きな違いは、脂肪溶解注射ではメスを使わないので傷跡が後々まで残らず、痛みも軽減される点です。
そのためダウンタイムも短く、日常生活にスムーズに戻ることができます。また、脂肪吸引では施術した部分を圧迫固定しますが、脂肪溶解注射ではそうした処置も不要です。
さらに、脂肪吸引ではムラが出やすく、場合によっては凸凹ができてしまう可能性も否定できませんが、脂肪溶解注射では薬剤を使用しますので、こうしたムラが起こりにくいとされています。

脂肪溶解注射の注意点

脂肪溶解注射の注意点

施術内容や使用する薬剤などについてよく説明を受けて、納得してから施術を受けましょう。
脂肪溶解注射は1回に注入できる量と範囲は限られています。つまり、一度に多量の脂肪溶解注射を広い範囲に注入することはできません。ですから通常は、太ももやお尻まわりなどの脂肪量が多い部位には、何回かに分けて注入する必要があります。

一方、フェイスラインや二の腕など範囲が狭い部分については、気になるポイントに一回注射しただけで効果が出ることの多い施術です。ただし個人差はあります。
なかには、脂肪溶解注射(1日脂肪取り® 顔やせ、エバー・スリム®)が受けられない人もいます。バセドウ病など甲状腺機能障害の診断を受けている方や、その既往のある方は受けられません。また、薬剤に使用されている成分の原料にアレルギーをお持ちの方も受けられませんので、事前にしっかりと確認してください。

施術後に気をつけること

施術後に気をつけること

薬剤を注入しますので、一時的にその部分がふくらみます。また、注射箇所に腫れや痛み、内出血が起こることがありますが、これも1日~1週間程度で消滅します。
脂肪溶解注射は、施術後のケアがとても重要です。そのままにしておくと、しこりができることもありますので、医師の指示に従って、適切なケアをしてください。


《具体的な施術後のケア》
・処置を受けた日の入浴はできますが、腫れや痛みなどがある場合は湯船につかることは避け、シャワー程度にしておきましょう
・分解された脂肪組織を排出させやすくするために、多めの水分を摂りましょう
・脂肪の代謝を促進させるためにも、ウォーキングなどの運動を行いましょう
・施術後はバランスのよい食生活を心がけ、暴飲暴食は避けるようにしましょう
・痛みや腫れが強い場合は、早めに医師に相談してください

まとめ

  • 体脂肪には、内臓脂肪と皮下脂肪がある
  • 内臓脂肪が溜まる原因は、主に食生活にある
  • 皮下脂肪が溜まる原因は、運動不足とカロリー過多である
  • 脂肪溶解注射とは、気になる部分に有効成分を注入して皮下脂肪を減少させる方法
  • 溶けた脂肪は、尿や便となって排出される
  • 脂肪吸引との違いは、身体への負担が少なく、ダウンタイムも短いこと、ムラが出にくいこと
  • 施術内容や使用する薬剤などの説明を受け、納得してから施術を受けること
  • 脂肪溶解注射は、注入する量と範囲が限られる

文/品川美容外科 美容スタッフ

    関連キーワード

投稿記事一覧

もっと読む
  • 医療機関アワード2017 美容外科最優秀賞 受賞!「医療機関アワード」は、患者満足度調査に基づいた表彰制度です。
    2017年医療機関アワードで美容外科部門最優秀賞を受賞しました
  • 品川美容外科の安心保障制度。私たちは施術前の患者様の不安の解消と施術後の経過ケアをじゅうぶんに行います。詳細へ。
    施術前の不安を解消します!品川美容外科の安心保障制度一覧

患者様の悩みや不安を取り除くことが私達のモットーです。土日・祝日対応、携帯・PHSからもOK。全国共通フリーダイヤル。全国共通ご予約・ご相談はこちら10:00~22:00 Tel:0120-189-900
無料カウンセリング予約。ご相談、医師による診察は何度でも無料。
お近くのクリニックを探す。全国25院にて診察中ご希望のエリアからお近くのクリニックをお選びください。
メール無料相談。お忙しい方や一人でお悩み野の方、まずはメールでご相談ください。