Search
フリーワードで探す
Category
カテゴリー
Weekly Ranking
ランキング

「ニキビ対策セット」で内側&外側からニキビケア!

  • Twitterでツイート
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
71_1

ニキビ薬には塗り薬に飲み薬、市販薬から皮膚科で処方される薬まで、さまざまな種類があります。ニキビを早く、きれいに治すためには、どのような成分が良いのでしょうか?今回はニキビケア用内服薬&外用薬をセットにした「ニキビ対策セット」について解説します!

ニキビの原因は「皮脂」!過剰な皮脂の分泌を防ぐには?

93_2_2

ニキビは、10代から20歳代に多くみられます。その中でも特に、中学生、高校生でニキビができ始めることが多いようです。また、18歳を過ぎるころからだんだんと少なくなりますが、できやすさには個人差があり、いわゆる「大人ニキビ」に悩む方も多くいます。
ニキビは、簡単に言うと毛穴(脂腺性毛包)の炎症性疾患で、毛穴が何らかの理由で炎症を起こしてしまう病気です。
若い頃のニキビ(思春期ニキビ)は、額や鼻周りのTゾーンにできやすく、成長期に男性ホルモンの分泌が一時的に増えることで、皮脂が過剰に分泌されることが原因と言われています。
逆に大人ニキビはアゴや口の周りにできやすく、肌の乾燥や食生活の乱れ・ストレスによって皮脂の量が増え
ることが原因と言われています。
皮脂の分泌を抑えてニキビをできにくくするとともに、すでにできてしまったニキビを早く治したい…そんなご要望にお応えして、品川美容外科・品川スキンクリニックではニキビ対策に有効な3種類の内服薬と外用薬1種類をセットにした「ニキビ対策セット」をご用意しています。

では、セットの内容をご説明しましょう。

・シナール錠

シナール-200x300

シナール錠はビタミンCのお薬です。ビタミンCにはニキビの原因の一つである過剰な皮脂分泌を抑制する働きがあります。また、コラーゲンの生成を促進することで全身の臓器・器官を丈夫にし、抗酸化作用によって免疫力や抵抗力を高めてくれます。
成分は、ビタミンCとパントテン酸(ビタミンB5)を含みます。パントテン酸には、タンパク質、炭水化物、脂質などの代謝に関わる力があります。ニキビ(毛穴の炎症)で傷ついた細胞の修復にも欠かせないビタミン群です。

・ピドキサール錠

ピドキサール錠はビタミンB6のお薬です。
ビタミンB6が不足すると、皮膚、粘膜、神経の炎症や貧血などの症状を引き起こします。
ビタミンB6はニンニク、バナナ、鶏のササミ、牛・豚・鶏のレバー、マグロ、カツオ、トウガラシなどに含まれますが、内服薬で効率的に摂取できます。

・フラビタン錠

フラビタン錠はビタミンB2のお薬です。ビタミンB2は身体の新陳代謝を正常に保つ働きがあり、栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質)の代謝を高めたり、皮膚や粘膜、毛髪、爪、眼の細胞の再生力を高めたりする効果があります。
ビタミンB2を十分に摂取する事によってこれらの細胞が十分に再生し、良好な状態を保てるようになるのです。

・ダラシンTゲル(1本)

ダラシンTゲルは、「クリンダマイシン」が主成分の抗生物質です。
細菌がタンパク質を合成するのを防ぎ、ニキビの原因の1つであるアクネ菌や黄色ブドウ球菌を殺菌する効果があります。

ニキビ対策セットで内側からもニキビ予防

93_3

ニキビへの効果をうたった洗顔料や化粧水や美容液、マスクやパックなど様々な商品がたくさん発売されていますが、皮膚表面の皮脂を洗浄したり、保湿を行うだけではなかなかニキビは改善しません。
ニキビ対策セットは、体の中からニキビをはじめとした皮膚疾患を改善する成分を取り入れ、さらに相性の良い外用薬を併用することで、肌そのもののダメージを修復し、より強く美しい肌へと導きます。30日分で9,720円(税抜)で販売しております。
ニキビ対策セットのご購入には医師の処方が必要です。気になる方は、ぜひ一度無料のカウンセリングを受けてみてくださいね。

※ページ下部「内服・外用薬による治療」の「ニキビ対策セット」をご覧ください。

文/品川美容外科 美容スタッフ

投稿記事一覧

もっと読む
  • 品川美容外科の安心保障制度。私たちは施術前の患者様の不安の解消と施術後の経過ケアをじゅうぶんに行います。詳細へ。
    施術前の不安を解消します!品川美容外科の安心保障制度一覧

ご予約・ご相談はこちら 通話料無料 土日祝もOK

  • WEB予約
  • メール相談
  • 0120-189-900 予約受付時間10:00~22:00

当サイトの医師監修について

品川美容外科には様々な科目の専門医・医学博士が在籍しています

品川美容外科には日本美容外科学会(JSAS)専門医、医学博士をはじめ、日本美容外科学会会員、日本美容外科医師会会員、麻酔科標榜医、日本麻酔科学会指導医、日本麻酔科学会専門医、日本救急医学会ICLS認定医、日本形成外科学会会員、日本熱傷学会会員、日本創傷治癒学会会員、日本脳神経外科学会会員、日本眼科手術学会会員、日本抗加齢医学会専門医、日本マイクロサージャリー学会会員、日本肥満学会会員、日本レーザー医学会会員など様々な科目の専門医等が在籍しています。

また2018年の第106回日本美容外科学会では当院理事長が学会長を務め、その他にも定期的な研修や勉強会を開催し、医療技術の向上に努めています。美容外科学会の詳細や研修・勉強会情報についてはこちらをご覧ください。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を遵守し、当ページは医師免許を持った品川美容外科の医師監修のもと掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について詳しくはこちら、当院の在籍医師(日本美容外科学会会員医師)一覧はこちらをご覧ください。

おすすめコンテンツ