Search
フリーワードで探す
Category
カテゴリー
Weekly Ranking
ランキング

若々しく元気な目に!目の下のたるみを取ってきれいになろう

  • Twitterでツイート
  • Facebookでシェア
  • はてなブックマーク
F-12-1

女性にとって、お肌の悩みはとても深刻なものです。なかでも目の下のたるみは、年齢を上に見られる原因となるため、すぐにでも改善したいという方は多いのではないでしょうか?
ここでは、目の下のたるみにはどのような症状があるのか、何が原因でそうなるのか、改善するにはどのような治療法があるのかについてご紹介します。

女性の敵!目の下のたるみが原因の嫌な症状

F-12-2

毎朝鏡の前に立って、目の下のクマにため息をついてしまう方は多いはず。目の下のクマに悩まされているという方がいれば、それはたるみが原因かもしれません。

目の下にたるみがあると影ができてしまうため、疲れた印象に見えてしまいます。周りからは「具合が悪い」、「目つきが怖い」などと思われているかもしれません。さらには、目の下にたるみがあることで老けて見られる可能性も……。実年齢よりも上に見られてしまうのは、女性にとって嫌なものです。

目の下のたるみの原因はさまざま。以下にて、いくつかの原因を解説します。

現代人は特に注意?さまざまな原因

Woman feeling tired when using mobile phone for long

数ある目の下のたるみの原因のうち、最も多いのは加齢だといわれています。年齢を重ねていくと、目の周りにあるさまざまな筋肉が少しずつ衰えていき、ハリを維持するのが難しい状態に。そうなると脂肪が溜まりやすくなり、その脂肪が皮膚を下げてしまうことによって目の下にたるみが発生するのです。目の下が真っ先にたるむのは、その周辺の皮膚が特に薄いためです。

ほかには、お肌の潤い成分が少なくなってしまうことも原因のひとつと考えられています。潤い成分とは、テレビや雑誌などでもよく耳にするヒアルロン酸やコラーゲンなど。これらが豊富にあることでお肌は潤いやハリを保てますが、加齢とともに段々と少なくなっていきます。そうすると肌の弾力が失われ、目の下のたるみにつながってしまうというわけです。

パソコンやスマホをよく使用するという方は、さらに注意が必要です。このような電子機器の画面を長時間見ていると、自然とまばたきの回数が減っていきます。そうすると目の周りの筋肉があまり使われなくなり、たるみにつながりやすくなるといわれているのです。

では、いざ目の下のたるみができたら、どのような改善法があるでしょうか?

美容整形で根本から改善しましょう

Plastic Surgery/ Cosmetic Injection in the Asian Female Face

目の下のたるみは、自身で対策することにより改善することができます。それが難しい場合やあまり効果が見られなかった場合、すぐにでも改善したいという場合には、美容外科で施術を受けることでも改善することが可能です。

たとえば、品川美容外科で行っている「プレミアム目の下のタルミ取り」は、必要最小限の切開で目の下のたるみを取り去る施術。これを受けることで、メイクでは隠すことが難しいようなたるみでも改善することが可能となります(個人差があります)。

施術の内容は、下まつげの下部分に小さな切り込みを入れ、脂肪やたるんだ皮膚を丁寧に取り除いていくというもの。症状によっては、皮膚の除去のみで十分に改善されることもあります。その後、医療用の糸できちんと縫合し、施術は終了です。

心配なのは傷口が目立たないかどうかですが、この位置の小さな傷はすぐに直るので過度に心配することはありません。術後は、腫れや内出血、赤みなどが発生します。医師の指示に従い、適切なダウンタイムを過ごすことで術後の腫れなどはきちんと引いていきます。引くまでの期間には個人差がありますので、目安については医師に確認してみてください。

いかがでしたか? 目の下のたるみは、美容整形を受けることによって改善することができます。目もとが気になる方は、ぜひご参考ください。

参照サイト

文/品川美容外科 美容スタッフ

投稿記事一覧

もっと読む
  • 品川美容外科の安心保障制度。私たちは施術前の患者様の不安の解消と施術後の経過ケアをじゅうぶんに行います。詳細へ。
    施術前の不安を解消します!品川美容外科の安心保障制度一覧

ご予約・ご相談はこちら 通話料無料 土日祝もOK

  • WEB予約
  • メール相談
  • 0120-189-900 予約受付時間10:00~22:00

当サイトの医師監修について

品川美容外科には様々な科目の専門医・医学博士が在籍しています

品川美容外科には日本美容外科学会(JSAS)専門医、医学博士をはじめ、日本美容外科学会会員、日本美容外科医師会会員、麻酔科標榜医、日本麻酔科学会指導医、日本麻酔科学会専門医、日本救急医学会ICLS認定医、日本形成外科学会会員、日本熱傷学会会員、日本創傷治癒学会会員、日本脳神経外科学会会員、日本眼科手術学会会員、日本抗加齢医学会専門医、日本マイクロサージャリー学会会員、日本肥満学会会員、日本レーザー医学会会員など様々な科目の専門医等が在籍しています。

また2018年の第106回日本美容外科学会では当院理事長が学会長を務め、その他にも定期的な研修や勉強会を開催し、医療技術の向上に努めています。美容外科学会の詳細や研修・勉強会情報についてはこちらをご覧ください。

当ページは医療広告ガイドラインを遵守し、医師監修のもと掲載しています

2018年6月に改正・施行された「医療広告ガイドライン」を遵守し、当ページは医師免許を持った品川美容外科の医師監修のもと掲載しています。医療広告ガイドラインの運用や方針について詳しくはこちら、当院の在籍医師(日本美容外科学会会員医師)一覧はこちらをご覧ください。

おすすめコンテンツ